札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    夕日
     男女の露天風呂から、日本海と刀掛岩が拝めます。

    男女脱衣所前
     男女別に内風呂、露天、サウナあり。


    ◆男性風呂

    男性脱衣所階段を降りて浴室へ

    刀掛岩も見える
     内風呂は窓が大きく、眺望も良い感じ。

    内風呂
     リンスインシャンプー、ボディーソープあり。

     脱衣所掲示の温泉分析書(平成15年)によると、カルシウム-硫酸塩泉の透明な湯は、1号井・2号井の混合泉。泉温53.6度、成分総計1.650g/kg。朝日温泉付近から自然湧出しており、岩内町から分湯されていると、スタッフ談。

    露天風呂
     露天風呂は、こじんまり。

    景色が良い






    ◆女性風呂

    内風呂
    露天
     男性風呂と、広さ、造りともに同じみたい。

     夜中も入浴できます。
     日帰り営業時間10~22時、500円。

    いっちさん、こんばんは。

    いやー、ここはメッチャ懐かしい場所です。
    ここは20歳から始めたスキューバー・ダイビングのダイビングスポット→
    積丹の「美国」からほど近く、しょっちゅう遊びに行っていました。
    さすがに勤め初めの頃でお金も無く、泊まりの経験はないのですが…。
    いつ見ても、何度見ても景色が良く、気分が良くなるスポットですよね?

    あぁー20代前半の記憶が…片道3時間、夏場の渋滞時は4時間以上かけてその辺りまで
    毎週、年10回は通っていました。
    海って良いですよね?奇麗だし心が洗われる様だし、目にも良さそうですし(笑)
    1度も温泉にさえ入った事がないのですが憧れていた宿でした。

    何せ6時前に家に迎えに来てもらい→海到着が9時→着替え・用意→1本潜り休憩&昼ご飯→2本目の潜り→着替え&後片付け…
    そんなこんなで3-4時に終了→帰宅…となる訳ですが、当時まだ今の様に完全週休2日制ではない頃で、唯一の日曜休みにダイビングを楽しんでいた私達は体や頭の塩を流す為の温泉へ向かう体力と時間は全く残されてはいず…毎回毎回真っ直ぐ帰路についていました。
    ウーン残念…しかも雷電温泉が休業中だなんて…グスン、クシュッ、エーン(寂しいです)

    とても懐かしく思い、ナイスな写真で元気になったドラあきでした。
    あのアングルでの刀掛岩の写真は良い物を見させていただいた、得した気分になれました。
    いつもどうもありがとうございます (^o^)丿ウレシュウゴザイマス

    2008.09.27 23:57 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    スキューバーとは、なかなか活動的なご趣味ですね、ドラあきさん。

    雷電温泉は、ホテル雷電が閉鎖し観光かとうが1軒で頑張っていました(離れたところに、みうらや旅館もあり)。観光かとうの風呂から眺める刀掛岩は、絶景でオススメです。

    2008.09.28 16:11 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1210-ad00f0fd

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。