札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     「層雲峡温泉」「大型ホテル」というキーワードから私的に連想することは、「団体客御用達」「どでかい浴槽に注ぐだけの湯量はあるか」など、あまり前向きなイメージが出てきません。
     しかし、泊ってもいないのに、レッテルを張るのは独りよがりでナンセンス。そこで3連休の初日、1人泊で2食付7,500円の湯宿へ、足を運びました。


    ◆館内散策で高まる探検気分

    細長い建物どこまでも続く客室前廊下 大きな建物ですね。東西に細長い建物だけに、客室前の廊下は端から端まで200~300メートルはあるでしょうか。
     特に別館の風呂へ行く際、石狩川にかかる渡り廊下を100メートル強は歩き、さらにくねくね階段や廊下を歩かねばならず、これを「楽しい」と受け止めるか、「面倒」と突き放すかは、あなた次第。当方は館内をてくてく歩くことで探検気分が高まり、楽しかったなあ。運動不足の解消にもなりますし、大型ホテルの魅力かも知れません。



    ◆肌に染み込む湯の匂い

    手前の湯船はぬる過ぎた
     別館風呂(内風呂&露天)の風情を、気に入りました。客室から遠路はるばるやって来た努力が報われます。遠いせいかどうかアレですが、そんなに混みません。
     ほのかに硫化水素の匂いがして、帰宅後に手の甲を嗅ぐと、染み込んだ匂いが鼻腔をつきました。

    3号井
     ホテルの川向こうに自家源泉の湯小屋があり、湯量に恵まれているよう。一部加水のみの湯使いで、温泉へのこだわりが感じられます。


    ◆湯使いナイスな大型ホテルを巡る旅

    氷&水
     廊下に水と氷が置いてありました。もちろん無料です。ちょっとしたサービスですが、こういうのって、いいなあ。

    のれん
     大きなホテルとあって、館内に居酒屋&ラーメン屋がありました。ラーメンは醤油・塩が630円(醤油のみミニサイズ420円)、味噌735円(同525円)。
     当方は夕食で満ち足りたため、食しませんでしたが、どんな味か気になります。

     7,500円にしては夕食が良く、大きなレストランでしたが、当方は個人客の一角の席に通され、落ち着いて食せました。たくさんの客に紛れ、当方は気兼ねなくあちこち探検できた上、何よりいい湯を浴びました。大型ホテルというだけで、「イマイチ」という根拠無きレッテルを張り続けていたら、この湯は一生味わえなかったでしょう。

     普段はこじんまり宿に泊まっているので、「たまに」こういう大型ホテルを体験すると、新鮮で楽しくなりますね。これからは「湯使いの良い大型ホテル」を巡る旅が、穴場の温泉宿探訪な雰囲気で楽しいかも、なんて私感でした。マイブームになる兆しがあるような、ないような。

    層雲峡も久しく行ってないですね。ホテル層雲は、記憶に無い位過去でしょうか (汗
    ちょっと調べると、去年の7月朝陽リゾートに立ち寄りが最後

    コジンマリも良いですが、この値段で探検付(笑い)なら納得でしょうか。
    規模の大きいとこではソコソコお客さんがいないと逆に寂しいものですが
    宿も綺麗にしてるようで 感心感心。

    2008.11.16 17:25 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    いっちさん、はじめまして。

    大型温泉ホテルは独特の良さがあって、個人的に好きです。館内で迷う「探検」な
    感じも楽しいです。
    歓楓会で賑わったであろう昭和の大型ホテルが、探検していて楽しいのですが。

    先日、旭岳温泉のディアバレー(旧・こまくさ荘)に宿泊してきました。
    こまくさ荘に行ったことがありませんので、お湯の比較はできませんが、
    ちょっとぬるめの気持ちの良いお湯でした。
    源泉掛け流しだそうです。日帰り入浴は受付ていないようですので、機会があれば宿泊でも・・・こじんまりとした良いホテルでしたよ。(大型ホテルが好きと言っておいてナンですが)

    2008.11.16 18:56 URL | ゆげゆげ通信 #- [ 編集 ]

    いわさん、自宅から近い温泉地って、あまり行かないですよね、名湯は除いて(笑)

    メジャー温泉地も、じっくり精査すれば、意外に良い湯宿がある・・・ 今回、それを痛感しました。定山渓、登別、洞爺湖、湯の川などでも、感じております。
    宿のロビー周りは改修してきれいでした。客室をはじめ、そのほかも掃除は行き届いているように感じました。

    2008.11.17 20:20 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ゆげゆげ通信さん、こちらこそはじめまして。コメントありがとうございます。

    歓楓会をはじめとする団体旅行で味わった「昭和の大型ホテル」。この思い出を巡るツアーが団塊世代を中心に人気沸騰・・・なんて、妄想しました。たぶん、ないと思いますが(笑)

    ディアバレーですか! こまくさ荘に今年3月日帰りだけしただけですが、ちょっと気になる湯宿ですね。

    こじんまりでも、大型ホテルでも、ナイスな湯宿はナイス! と感じ始めている今日この頃。今後ともヨロシクお願いします。

    2008.11.17 20:23 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ナイスな湯宿はナイス!まさにその通りですね!
    旭岳温泉はどれも良い宿でかなり迷いましたが、いっちさんのこまくさ荘の紹介が印象に残りディアバレーに決めました。
    湯宿を決める際にはいつも参考にさせて頂いています。

    今年行った「ナイスな湯宿」を考えたら洞爺の「ごきらく亭」がいろいろな意味でナイスでした。
    今、ふと思ったコトなので明日は違う湯宿をナイス認定してしまうかもしれませんが。

    こちらこそヨロシクお願い致します。

    2008.11.18 03:09 URL | ゆげゆげ通信 #- [ 編集 ]

    ゆげゆげ通信さん、再訪ありがとうございます!
    宿選びに当たって、当ブログを参照いただき、恐縮する限りです。

    ごきらく亭! まだ見ぬ洞爺湖の湯宿ですが、安価で湯使いが良いと認識している次第です。

    湯宿の良し悪しを考える際は、「源泉かけ流し」「食事が良い」など、いろんなモノサシがあると思います。しかるに、評価は「情緒的」が主流でしょうから、ナイス認定の湯宿は、日替わりで登場したとしても、オールOKと私感です(笑顔)
    またのご訪問、お待ち申し上げます~

    2008.11.18 21:23 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1260-b3ea4be7

    | ホーム |