札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    見た目は派手
     酢飯の上に、アブラタラバ蟹の足、ズワイ蟹の剥き身、数の子、みがきニシン、いくら、味付ホタテが「てんこもり」。
     中華風茎ワカメ、錦糸たまごも。

    パッケージ
     旭川駅立売商会、1,470円。

    こんばんは。

    駅弁って殆ど縁がないです。
    (たいていクルマだから)触れるチャンスがないのとわりと高価だということで。

    でもなんというか小宇宙?箱庭チック?な感じがたまらなく良さげでもあるんですよねえ。ひとつの完結した世界。コンビニ弁当とは一線を隔す感じがします。

    思えばクルマを持っていない両親との家族旅行で接した駅弁は専用容器のお茶や冷凍ミカンとともに"ハレ"の食べ物でした。

    ぼくは当年とって40歳ですが、そのような風物に接することができた最後の年代かもしれないなあ、と思ったりします。

    2008.11.19 00:16 URL | ぼらぼら #.VpBeogQ [ 編集 ]

    ぼらぼらさん、駅弁=小宇宙、箱庭・・・ 私もそう思ってきました。限られたスペースで美しさや個性を表現する姿勢に、日本庭園のような「美学」を感じますね(笑顔)

    私の家ではドライブ旅行ばかりだったゆえ、昔の鉄道旅の文化は皆目分からないですね。ポリ容器に入った緑茶は、札幌駅で現在もちらほら拝見しているような気がしていますが(勘違いならばスミマセン)、いつもペットボトルの緑茶を購入してしまいます。今度、久々に購入してみようかな! さすがに冷凍ミカンは駅で見かけませんね(笑顔)

    2008.11.19 20:23 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1261-26f67b84

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。