札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆ラウンジかむり

    蜂蜜バイキング
     ロビー奥の「ラウンジかむり」(7時30分~23時00分)で、宿泊者対象の蜂蜜バイキング(15~21時)を行っており、20種類ほどありました。

    クラッカードリンク
     クラッカーやヨーグルト、コーヒー、オレンジジュース、紅茶などを無料で提供。セルフサービスです。

    ラウンジかむり
    暖炉は夕方以降、火を入れるらしい
     好きな席に座って食します。分煙、新聞あり。

    美味しかった
     ごちそうさまでした。

    チェックイン時に渡されたチケット
     蜂蜜バイキングを利用する際は、チェックイン時にもらったチケットをスタッフへ渡しましょう。翌日(7時30分~11時00分)はモーニングコーヒーを無料チケットでいただけます。


    ◆ライブラリー

    ライブラリー
     ライブラリー(7時30分~23時00分)はこんな感じ。写真に写っていませんが、本棚があります。北海道関係の本です。

    窓外に鹿の湯が見える
     パソコンが2台あり、無料でネットチェックできました。


    ◆ショップ

    土産屋
     ショップ(7時30分~21時30分)では、ねぎ油630円を買い求めました。「元祖ねぎ油」はこちら
     はちみつ(長野産)に加え、はちみつが入っているガラス瓶も売っています。


    ◆自販機コーナー

    カウンターの名残がある
     今や、章月伝説?となった、ネギラーメンを提供していたラーメンコーナーは、自販機コーナーに。缶ビール350ml350円、500ml500円。ジュース類は各10円アップ。

     ネギラーメンの「元祖」を提供している、こちらの食事処があります。

    ねぎ油なる物が商品化されてるんですね。
    専門店では仕上げに熱々のねぎ油ジュワ~っと注ぐとこ有りますよね
    旭川で私が知ってる限りでは、1軒だけと超マイナーです。

    ちょっとした香りつけやアクセントが付いて良いかも
    自宅であんな事したらそれこそ・もう大変! 笑い

    2008.12.17 00:11 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    いわさん、ねぎ油は章月特製のおみやげ品のようでした。
    鍋物やカップラーメンにひとさじ入れてかき混ぜると、味が劇的に変わります(笑)

    チャーハンや野菜炒めにもバッチグーです、匂いもそんなに気にならないかしら(笑)
    面白い土産物とオモッテマス~

    2008.12.17 21:52 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんばんは。

    味の濱龍も最近行っていませんです。

    蜂蜜バイキングはかなり魅惑的。早めに投宿してゆったり過ごす派にはこのようなサーヴィスはうれしいです。

    ちょっとした工夫なんですが、こういう工夫にココロ動かされる手合いがここにいます(笑

    あとは恒例のいっちさまによる雑感を待つのみですよぉ。

    2008.12.17 22:28 URL | ぼらぼら #.VpBeogQ [ 編集 ]

    ぼらぼらさん、こんばんわです~ 味の濱龍、わたしは1回しか行ったことないです・・・

    蜂蜜バイキングは、すべての客に押し付けのサービスではなく、食べたい人だけ、勝手に足を運んで食す、というスタイルが好きですね。最初は「蜂蜜なんて・・・」と思っていましたが、意外に美味かったです(笑) 蜂蜜に関心がなくても、コーヒーやジュースも飲めるので、ゆっくりくつろげますよ。

    雑感は、どんなふうに記すか、なんにも考えていません(笑) いましばらくお待ち下さいませ(笑)

    2008.12.18 20:28 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1281-464a429a

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。