札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     風呂は男女別に2ヵ所あり、夜中1時で終了。男女を入れ替えて翌朝5時から、再び入浴OK。


    【チェックイン後 男性風呂】

    熱め~適温
     内風呂です。

    適温~ぬるめ
     ひのき風呂。


    【露天風呂】

    階段を降り、露天へ
     階段を下りて、露天風呂へ。

    露天
     こんな感じ。別途、蒸し風呂あり。

     平成12年5月の温泉分析書によれば、章月グランドホテル支配人の申請で、定山渓温泉(イ)(ハ)(ホ)の混合泉は、自然湧出のナトリウム-塩化物泉。泉温80.1度、pH6.5、成分総計3.451g/kg、蒸発残留物3.097g/kg。

     湯使いは「かけ流し」。ただし、加水と塩素殺菌あり。当方、塩素の臭いは感じず。湯温管理に来たスタッフに聞けば、塩素の臭いは客に不評なだけに、臭いがしない程度に投入しているとのこと。入浴して肌を撫ぜると、なんとなくツルンとする感じ。

     悠久の宿 白糸も、この源泉を利用しています。

     日帰り営業時間12~17時(受付終了16時)、1,500円。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1282-c0e03ada

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。