札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    看板です
     創業80年余の湯宿。いいなあと思うキーワードは、「食事」「快適」「スタッフ」ですね。


    ◆美味い食事

    美味い
     料理人の名刺代わりと言える前菜は、1品1品手づくりで見た目に美しいなあ。全体的に和食ベースながら、洋皿にスモークサーモンと帆立のサラダが盛られ、食べ飽きません。章月名物海鮮みそ鍋はコクのある濃厚スープで、ついつい飲み干しました。

     料理長、藤井修一氏は赤平市出身の57歳。22歳からこの宿に勤め、35歳で料理長へ就任したそう。47歳だった1998年(平成10年)、テレビ「料理の鉄人」(フジテレビ)に挑戦者として出演し、「鮭児」を素材に、森本正治氏に善戦しました。

     当方が前回泊まった2006年(平成18年)1月時は、登別・第一滝本館で総料理長をしていましたが、現在は章月グランドホテルへ復帰し、腕を振るっています。

     夕食時、当方の席の前を通り過ぎ、「ああ、見たことある方だ」とミーハーな気持ちに。

    2,000円 藤井氏の著書「食のモザイク」(凍原社・1998年刊)が客室にありました。STVラジオ「巻山晃のオハヨーほっかいどう」で、1996年から毎週出演時にしゃべった内容だそう。
     食材や仕事の話に加え、神田川俊郎氏などさまざまな交友関係が記されており、博学ぶりと人望の厚さを感じました。



    ◆快適で清潔

    暖炉
     2年前のリニューアルで、ラウンジなどの共有スペースは、シックでこじゃれた雰囲気に。

     チェックイン時にもらったコーヒー無料券は、11時まで有効だったため、チェックアウトを最終の10時に済ませた後、ラウンジでコーヒーブレイク。10時きっかりに追い立てられず、ゆったりくつろげました。


    露天湯口
     加水&塩素殺菌の湯使いながら、臭いは気にならず、湯守氏が定期的に湯温チェックに来るなど、頑張っています。


    ◆ちゃんとした「ホテル」

    夜の外観
     運営会社が札幌グランドホテルも経営しているとあって、スタッフ教育もきっちり行き届いているよう。ロビーで男性スタッフに質問したり、帰り際に女将さんと立ち話しましたが、温泉民宿に泊まった際の飾らぬフレンドリーな応対とは異なり、親しみがありながらも丁寧な感じで、「ああ、私はゲストとして、しっかりもてなされているのだな」と、心地よい気分になりました。

     温泉だけピックアップすれば、可も不可もない印象でしょうが、宿そのものを評すれば、老若男女が安心して泊まれる「ちゃんとしたホテル」だなあ。温泉地において、接客にプライドが感じられない「名ばかりホテル」が横行する中、この宿はナイスもてなしですね。

     じゃらんnetを通じ、【7日前まで限定】章月スペシャルday♪でネット予約。1人15,750円+入湯税150円は、お得と感じた次第。季節が変わった頃、食事を目当てに「また来たい」と痛感する定山渓の宿でした。

    素敵な湯宿ですね。
    いかに私が日頃「ちゃんとしたホテル」を利用してないか痛感しました 笑い
     
    乱れ篭の名札イイですね 初めて見ました キー付きは確実ですが趣は半減します。
    同じ浴衣がどーっと並んでると、どれがどれだかオロオロしますよね。
    番号も付いてるようですし、Wで安心でしょうか? 忘れそうなら逆に好きな花探せば
    言い訳ですし それも楽しみの1つでしょう。

    お食事 “お”付きです も美味しそう。 鉄人の宿でしたか知りませんでした

    2008.12.21 23:16 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    いわさん、ここの宿ならば、誰を連れて行っても及第点と感じるなあ、と思いました~

    脱衣所の名札、ご指摘通り「粋」だなあと。
    入浴客によって、脱衣所の籠に入れる衣服をぐちゃぐちゃに置くケースもあれば、丁寧にたたんでバスタオルをはらりとかける客もおり、その客の「人となり」が伺えますね(笑) 温泉好きを自称するならば、後者の客でありたいと心がけております(笑)

    それなりの価格設定ですが、食事が美味かったので、私はOKと感じてます!

    2008.12.22 20:26 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんばんは。

    いっちさんは余程のことがない限り「コッチは客なのに・・・」という意識を持たない方だと思うんですよね。前向きに対峙するというか、ポジティブに捉えようとするというか。ぼくはその包容力の大きい視点が大好きです(笑顔)。

    接客の良さって、けっこう微妙だと思います。「親しみ」があっても「丁寧」が感じられなかったら、人によっては「不快」と感じるかもしれません。そこの線引きというかレベルというか・・・が「ちゃんとしたホテル」の境目なのかなあ。と思ったりしました。

    章月グランドホテル、行ってみたいと思います。

    2008.12.24 22:01 URL | ぼらぼら #.VpBeogQ [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2008.12.25 13:45  | # [ 編集 ]

    ぼらぼらさん、わたしってそういう人物なのですね?!(笑顔) なかなか自己分析って難しいもので(笑)

    「宿」を「人」に置き換えて考えてみると、世の中、根っからの悪者はいないとオモッテイマス。最初は嫌な感じを受けても、対話を重ねるうちに、良い面も見えてくるかも知れません~

    心にひっかかった点は、その場ですぐ宿へ確認して、対応できない場合はすっぱり諦めることが、ストレスの少ない宿泊の秘訣かしら。温泉宿(旅館・民宿)って、「ウチはこんなもてなししか出来ません」のスタンスで、食事の時間や内容、入浴時間などが制限され、客の自由度が少ない現状ですし。自由度が高まる究極の形態が、街中の一流ホテルのようなスタイルと感じています。その辺を念頭に置いて泊まると、あまり腹を立てることはないですね。もちろん、客のニーズに柔軟に対応してくれる宿があれば、最高ですが(笑顔)

    何かの縁でせっかく泊まったのだから、「楽しみ上手」でありたいとは、漠然と感じている今日この頃です~

    もてなしの良し悪しは、目に見えないため、ムツカシイですよね。心がこもっていない「慇懃無礼」な応対はイヤですよね。ぼらぼらさんがおっしゃるように、「親しみ&丁寧」が伝わってくる接客、しかもスタッフに接客のプロ意識が感じられる宿は、良い感じでしょうかね。

    2008.12.26 00:03 URL | いっち #- [ 編集 ]

    新しくお風呂が変わってから利用していなくて、どのように変わったのだろうと気になっていたホテルでした。浴槽の感じも良い感じですね。
    食事も料金からみてもいいと思いました。

    脱衣場のかごの件ですが、私も後者の方でしっかり服はたたんでタオルをかけます。女性はきちんとしている人たちが多いです。

    今年もたくさんお世話になりました。
    色々なアドバイスと情報には助かりました。
    みてきて知らないことも多くあり、参考にさせていただいたこともありました。
    来年も宜しくお願いします。

    ちょっと早いのですが
    良いお年を!

    2008.12.26 16:04 URL | かりん #- [ 編集 ]

    かりんさん、こんばんわ。

    以前の風呂は清潔でしたが、古かったですよね。こぎれいに変身して、あの夕食ですから、近場でのんびりするには良い宿かも知れません(笑顔)

    脱衣籠の件は、男性特有の現象だったのですね! オトコって、だらしないのでしょうか(笑)

    当ブログを訪問・参照、そしてたくさんのコメントいただき、感謝感激です。
    来年もよろしくお願いします~

    2008.12.29 17:49 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっち様

    当方へのご挨拶痛み入ります。
    本年もたくさんのレポで勉強させていただきました。
    いっち様の観察眼や暖かい目線には毎度気付かされる所が多かったです。

    明年にさらなる冒険を続けて下さいませ。
    良い新年をお迎えください。

    2008.12.29 20:32 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    全国を湯めぐり行脚している駅前旅館さんに、たびたび的確なアドバイスをいただいており恐縮です。
    宿の評価は十人十色でしょうから、記していて「これ、とんちんかんな感想ではないかな」と不安に思うこともあるだけに、貴重なご意見に感謝しております。
    また、お会いしましょう。

    2008.12.30 02:13 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1286-0c214149

    | ホーム |