札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    外観
     洞爺湖町立の火山科学館が2007年(平成19年)移転オープンしました。場所は洞爺湖温泉街の外れで、近くに旅館 多佳津があります。洞爺湖ビジターセンター併設。移転前の昔の火山科学館はこちら


    火山科学館

    入り口
     営業時間9~17時、大人600円、小人300円。

    広々
     地球の構造と火山の仕組みを学びつつ、1977年(昭和52年)の有珠山噴火を映像と振動で体感できるブース、実際に被害を受けた車両があります。避難所生活の様子を紹介するコーナー、有珠山に関するクイズコーナー、噴火や防災の解説パネルも充実。

    曲がっている線路
     今から9年前の2000年(平成12年)3月31日、有珠山が噴火した際に、室蘭本線の線路がぐにゃり曲がったもの。

    シアターは3画面
     画面が3つあるシアターは迫力満点。有珠山噴火のリアルな様子を拝見できます。

    噴火の跡
     2階展望台からは、2000年の有珠山噴火時に出来た、金比羅山の噴火口の跡が望め、被害にあって利用されていない公営住宅「桜ヶ丘団地」と、公衆浴場「やすらぎの家」が、「金比羅火口災害遺構」として残されていました。夏場は散策できるそう。
     洞爺湖温泉街のこんなすぐ近くにも噴火口が・・・ もちろん、住民は事前に避難していたため、被害者はゼロでした。




    洞爺湖ビジターセンター

    2階から望む
     こちらは無料で、洞爺湖の自然を学べます。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1309-52e96c9d

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。