札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    展望露天風呂 (男性)

    展望露天
     対岸に、支笏湖温泉街の明かりが望めました。

    丸駒温泉2号井を注ぐ湯船
    【丸駒温泉2号井】平成7年の温泉分析書
    ・ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉(旧 含土類・石膏-食塩泉)
    ・泉温53.2度
    ・毎分170リットル(動力揚湯)
    ・ph6.4
    ・蒸発残留物1.500g/kg




    内風呂 (男性)

    内風呂は丸駒温泉1号井
     内風呂はこんな様子。湯船3つ、洗い場は1つずつ仕切りあり。

    【丸駒温泉1号井】昭和63年の温泉分析書
    ・泉質は2号井と同じ
    ・泉温51.0度
    ・毎分220リットル(動力揚湯)
    ・ph6.5
    ・蒸発残留物1.347g/kg

     道立保健所シールを見れば、加水、加温、循環ろ過、消毒処理いずれも「該当しないことを確認しました」。支笏湖の湖水を活用した熱交換器で湯を冷まし湯船に注いでいるそう。

     内風呂、展望露天風呂ともに、入浴時間は23時まで。翌朝4時から再開。

    天然露天風呂 (男性)

    出入り口
     内風呂&展望風呂の脱衣所から、廊下を歩いて天然露天風呂へ。

    夜の天然露天風呂ぬるい 泉質は、1、2号井と同じようで、足元自噴なのが特色。24時間入浴OK。
     今回は特にぬるかったです。

    日帰り専用の玄関へ 日帰り受付時間10~15時まで、1,000円。日帰り受付の専用玄関がありました。













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1344-adc74246

    | ホーム |