札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    秘湯スタンプ狙いで再訪

     5年ぶり、2度目の宿泊でした。

     前回を振り返れば、2003年(平成15年)7月の土曜日、支笏湖を望める「湖側客室」で、1人16,000円と、決して安くない価格。
     支笏湖畔に佇む1軒宿で「日本秘湯を守る会」加盟宿で、客室数50室ちょいの鉄筋宿と聞き、「湖畔の静かなリゾート宿」を勝手にイメージしていた当方は、宿前の駐車場に停めてある、おびただしい数の車にびっくり。観光シーズンど真ん中の休前日ですし、札幌や新千歳空港に近い立地とあって、人気なのでしょう。

    提灯
     支笏湖を望む景色、岩風呂、湯質といった「自然」は、期待を裏切りませんでした。しかし、食事は既製品が散見され、ちょっとアレだなあ。
     これはすぐ近くの「いとう温泉」に軍配が上がると勝手に判断し、足が遠のいていた昨今でした。

     ところが、昨年末に湧駒荘へ連泊したのを契機に、日本秘湯を守る会のスタンプを集める決心をしたため、札幌から1番近い丸駒温泉旅館に久々に泊まってみようか、な気分に。

     2月末はシーズンオフで混んでなさそうですし、札幌から無料送迎バスに乗れば、往復交通費(JR&バス)は1人3,000円くらい浮きます。1人12,800円(山側客室)から、得した交通費を引けば、1万円弱で宿泊できる計算です。




    やっぱり自然は裏切らない

    男性の天然露天風呂から
    夜明けの支笏湖
     支笏湖の景色は、いいですね。

    男性の天然露天風呂
     野趣あふれる天然露天岩風呂は、足下自噴。

     ちなみに2月末の土曜、丸駒温泉旅館は混んでいましたね。「秘湯ツアー」の団体客をはじめ、大学のゼミ御一行、学生グループ、家族連れ、夫婦、カップルなど。
     名古屋から1泊2日でやって来た方は、この湯宿に泊まって湯を楽しみ、新千歳空港では、今をトキメク花畑牧場のホエー豚亭で豚丼を食し、並ばずに生キャラメルを購入するなど、楽しそうに話していました。

     客室で食す夕食は、料理長の名前入り献立表が用意され、和食会席を謳っているのですが、やっぱり既製品が散見されました。袋から取り出して並べたと思しめき前菜、洋皿の「魚介のマリネ風」って、冷凍品の魚介にドレッシングをかけただけな様相です。目玉となる1品も見当たらず、これで12,800円は高いなあ。
     ただし、囲炉裏会席「初太郎物語」は、値段もアップするので、ひょっとしたら良いかも、と淡い期待を込めて記しておきます。

     「湖畔の静かなリゾート宿」という勝手なイメージを払拭した上で、湯、景色といった自然の豊かさに意識を集中させれば、当方は満足できるな。

    無料送迎バス そんなふうに感じつつ、宿をチェックアウトしようとしたら、昨晩お世話になった仲居さん(女優の沢田雅美氏似)がロビーに立っていて、笑顔であいさつし合いました。

     千歳経由札幌行き無料送迎バスに乗車し出発を待っていたら、フロントマンの青年男性スタッフ(ブラックマヨネーズの小杉隆一氏がスマートになった感じ)がやって来て、「○○様~」と点呼を取りはじめ、修学旅行みたいと笑顔。
     男性スタッフは最後に「みなさま、このたびはご宿泊いただきありがとうございます。まだまだ寒さの厳しい折、風邪などひかぬよう、お気をつけて旅をお楽しみください」旨をあいさつ。とてもさわやか&快活で、心が洗われるようでした。
     「ぱちぱちぱち」。車内の客みんなで拍手しました。うん、スタッフはいい感じだな。

    どうも。

    やっぱり「お湯よし食悪し」でしたか。秘湯だからしょうがないですかね。でも札幌からあれほど近いのに秘湯(実際そう呼んでいいと思います)というのもすごいですね。

    秘湯のスタンプカードはもう捨てたかも ?北海道では丸駒温泉、銀婚湯、芽登温泉、鯉川温泉に泊まりました。あれ、天人閣は違ったのかな。

    そもそも、秘湯の会ってどういう基準で選んでるんでしょうね。

    2009.03.17 10:02 URL | よしい #- [ 編集 ]

    よしいさんへ
    丸駒は風呂や景色は素晴らしいですが、業務用食材を用いて和風会席を装っている夕食が、ちょっとアレでした(笑)
    見栄えはイマイチでも、ちゃんと手作りの料理であれば、美味しく感じますね。ホロカ温泉旅館や景福とか。
    私もスタンプは、湯宿でもらっては無くしての繰り返しでしたが、やっと集める気になってきました。天人閣は非会員のようです。

    入会基準を調べてみました。(日本秘湯を守る会HPから抜粋・編集)

    (引用スタート)日本秘湯を守る会は、時代の流れから取り残された感のあった山の宿で、温泉のよさを守り、自然環境の保持、保全に努める前向きな取り組みをする者、共同での宣伝、相互誘客に賛同した宿の集まりとして発足したのです。
    源泉かけ流しであることを加入条件にしている会ではありません。冷鉱泉の宿もあれば、湯量も豊富とは云えず循環浴槽の宿も会員になっています。(引用おわり)

    温泉と自然環境を守る山の宿が集まって、共同でPRする、というのが会設立(昭和50年発足)の趣旨のようですね。

    2009.03.18 07:05 URL | いっち #- [ 編集 ]

    なるほどぉ。( ・o・)(・o ・)フーン
    実を言うと私も秘湯の会って何じゃらホイ?と思っていました。
    思っていたのと随分違いました(^。^ゞ イヤイヤ
    冷鉱泉はともかくとして、循環浴槽の宿も会員ですか。
    最後のいっちさんのまとめの様に→温泉と自然環境を守る山の宿が集まり、共同でPRというのが秘湯を守る会設立の趣旨の様ですね←を見て又納得です。
    お湯の質や湯づかい…云々はこの際関係ないと理解しました。
    でも本音はあのスタンプ帳に書かれている温泉…どうせ行くのならココに載っている宿に…と思ってしまう私は「秘湯派?」なのか?「スタンプ集めが目的?」なのか?正直両方に該当したりしちゃっています。

    いっちさんの去年末の湧駒荘連泊は本当に憧れますね( =o=)トオイメ…
    予算や日程の都合ではなく同行者が居ない為に行けない…と言う私は少し切ないです(/_;)
    かと言って1人で行くと割高&危険と止められるし(苦笑)
    まっ、私のように長湯&湯巡り族はそうそう居ないので、動きが合わないのは仕方がないんですけどねぇ。
    女性は立ちくらみや貧血、のぼせチャンが多いから毎度「良くそんなに入っていられるね」とは言われています。
    あーあ、連泊で温泉三昧ドップーンってしたいなぁ(*^。^*)アコガレルワァ
    ではでは(^o^)丿

    2009.03.18 22:58 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    秘湯=掛け流しというイメージを持っていただけに意外です。審査基準とかはあるんですかね。自然環境を守るなら、地場食材と手作りは大事にしてほしいものです。

    ということで、今日の夜からキロロへ行ってまいります! 残念ながら札幌は素通りです…。

    2009.03.19 11:34 URL | よしい #- [ 編集 ]

    ドラあきさんへ
    スタンプの魅力(魔力)は、スゴイ威力ですよね(笑) 会を主宰しているのは朝日旅行という旅行代理店ですから、商売上手のようです。
    湧駒荘では、性別問わず1人客が複数おりましたね。ラビスタ大雪山&ラビスタ函館ベイでも見かけました。これら宿ならば、安心して泊まれそう、と宿泊した経験上、オモイマシタ。宿泊料アップは「チップ」と思えばいいかもしれません???(笑顔)

    2009.03.20 10:23 URL | いっち #- [ 編集 ]

    よしいさん、秘湯の定義って何でしょうかね。私は「秘密めいた湯(風呂)」と捉えるようになり、あまり人に知られていなければ、なんでも秘湯かな、と(笑)
    今頃スキー三昧でしょうね。そう言えば、昨年の今頃も北海道で春スキーしていたような(笑顔) よき3連休を~

    2009.03.20 10:24 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1348-72f8b40f

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。