札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    男性露天
     露天風呂は冬季休業。湯は満たされていますが、冷たいですし、藻や葉っぱだらけでした。

     脱衣所に掲示していた2000年(平成12年)10月の温泉分析書によると、

    ・源泉名「十勝川温泉」
    ・泉質「単純温泉」
    ・泉温44.0度
    ・湧出量毎分140リットル(動力揚湯)
    ・ph8.1
    ・成分総計  0.532g/kg
    ・蒸発残留物 0.374g/kg

     自家源泉で、加温、加水、循環、塩素殺菌のいずれも、やっていないそう。
     いわゆる「モール泉」で、紅茶色しています。

    休憩室
     男女脱衣所前に休憩室があります。

     日帰り350円。12~21時まで。

    男性風呂

    洗面台(ドライヤーあり)、トイレ付
     広々&シンプルな脱衣所。浴衣を脱いで、内湯へ入りましょう。


    【内風呂全景】
    湯気もくもく
     内風呂は、こんな感じ。浴槽2つ。洗い場にはリンスインシャンプー、ボディーシャンプーあり。


    【大浴槽】
    大浴槽
     適温。浴槽が深くて、中腰になったまま入浴しました。


    【寝湯】
    寝湯
     ぬるいです。




    【サンルーム風呂】
    内風呂のドアを開けると、そこはサンルーム風呂サンルームそんなに広くない
     冬場でも湯温を保ち、露天風呂気分を味わえるよう、サンルームの風呂がありました。


    【露天風呂】
    露天
     サンルーム風呂の湯が、露天風呂に流れ込んでいました。冬季休業中です。




    女性風呂

    脱衣所
     男性の脱衣所と同じデザインですね。


    【内風呂全景】
    内風呂
     写真左手の手前に大浴槽、奥に寝湯。男性の方とレイアウトが異なりますが、浴槽の数・種類は同じもよう。


    【サンルーム風呂】
    サンルーフ風呂



    【露天風呂】
    十勝川にかかる十勝中央大橋(白鳥大橋)が見える
     ほぼ男性の風呂と同じ造りでした。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1362-68aca5cd

    | ホーム |