札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    湯口にコップ
     一切手を加えない生湯が注がれる。

    温泉分析書 (平成12年)
    ・源泉名「天湯」
    ・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
    ・泉温46.1度
    ・ph6.4
    ・毎分180リットル(動力揚湯)
    ・成分総計2.458g/kg
    ・蒸発残留物1.478g/kg

     日帰り10~21時、400円。

    【男性内風呂】

    窓の向こうに露天風呂
    脱衣所方面を見る
     湯面は白と緑を掛け合わせた色合いに見える。

    意外と広々
     湯船から湯が溢れる。

    洗い場6つ。シャンプー、固形せっけんあり





    【男性露天】

    ウナギの寝床
     太陽光の下では、湯面は黄色っぽい印象。冬期間は閉鎖。

    男性脱衣所
     女性風呂・脱衣所も、同様の大きさ・レイアウトらしい。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1402-1136ee24

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。