札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     渡島管内長万部町は、「かにめしの聖地」といっても過言ではない。現在8社・9店舗が「おらが、かにめし」を提供している。

     元祖は「かにめし本舗かなや」だ。第2次世界大戦後、国鉄車内で販売した「ゆで毛がに」が大ヒットしたものの、冷凍技術に乏しい当時は、漁期の夏場しか出せなかった。そこで1年を通じ提供できる「かにめし」を考案。1950年(昭和25年)から売り出したところ、大ヒットした。

     かなやは、長万部の商業振興を願い、「かにめし」の商標を解放。他の企業も作り出すようになり、今がある。

    外観
     かにめし提供店が5店舗ひしめき合う激戦区の同町平里地区は国道5号沿いにある。元祖が営む繁盛店「ドライブインかなや」の斜め向かいに、目当ての横手商店は、控えめに佇んでいた。客は当方1組のみ。

    看板 かにめしは、店内食堂で食しても、弁当として持ち帰っても、値段は1,000円。店内で食した方が、味噌汁がつくので得だ。当方が弁当を注文してから調理に入ったということは、作り置きしていない証拠に他ならない。


    1,000円
     作りたての、あたたかい弁当。かに身はとてもしっとりしていて細かく刻んだタケノコと交じり合っており、甘味としゃきしゃきした歯ごたえを感じる。

     メジャーである元祖「かにめし本舗かなや」のかにめしは、店内弁当ともに炒ったかに身がぱさぱさした舌触りと感じていただけに、店舗ごとに味わいが異なる事実を改めて知った。
     いつの日か、長万部町内全店舗のかにめしを食べつくしたいと思うのだった。



    【参考資料】
    ・旭川発 徒然なる北の散歩道 (いわさん)
    ・かにめし本舗かなやホームページ
    ・おしゃマガジンvol.3 (長万部観光協会)
    ・渡島支庁ホームページ

    オ~ッ 行かれましたか 弁当は作り置きしてないのですね、評価は高くなりました
    私も出来れば、総ての「かにめし」食べてみたいです。

    これから2泊目 どちらに行かれたのか興味津々 私も行った気になって今後の展開が楽しみ。
    またブログ紹介有難うございました。

    2009.05.20 21:42 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    いわさんのブログにより、「美味いかにめし」にありつけました! 感謝申し上げます(感激)

    かにめしは、作り手の違いで、味わいが異なりますね。虎杖浜の、かに太郎は、かに身が少ない分、タケノコ千切り、錦糸玉子、紅しょうがのボリュームで成り立っているだけに、長万部のかにめしとは、中身も値段も異なりますし。でも、かに太郎良いですよね、激安だから美味しさ倍増なのでしょうか(笑)

    GWの旅行記、遅延気味ですが、今後ともご高覧いただければ幸いです~

    2009.05.21 20:17 URL | いっち #- [ 編集 ]

    長万部の地元の人に聞いたら、一番にオススメが「横手商店」のかにめし!と言っていました。元祖を上回る地元のファンがいるってことはすごい事ですよね。

    2013.01.28 19:30 URL | Tammy #- [ 編集 ]

    Tammyさんへ

    コメントありがとうございます。
    横手商店は地元の方に人気があるのですね、勉強になります。
    長万部は「かにめし」を売る店が複数あるので、
    地元民は「あそこがいい」「いいや、ここ以外は考えられない」
    なんて、ひいきの店がそれぞれあるのかな、なんて夢想しました。
    今後ともよろしくお願いします。

    2013.01.29 23:16 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1406-e78c01f7

    | ホーム |