札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     仕事帰りの金曜夕方、登別温泉バスターミナルに降り立った。夢元さざり湯でひとっ風呂浴び、すぐ札幌へ帰ろうと思っていたが、鼻腔をくすぐる硫黄の匂いに意思が揺らぐ。
     「よし、決めた」と、バスターミナル内の登別ゲートウェイセンターへ足を運び、スタッフへ「きょう1人で泊まれる宿はないですか」。

     ・滝本イン
     ・花鐘亭はなや
     ・ホテルゆもと登別
     ・登別万世閣

    看板 上記の湯宿が、1人客を受け付けているという。どうせならば、まだ泊まっていないところにしようと、登別万世閣を選び、スタッフに電話で問い合わせてもらった。「空いていた」ので、電話を替わってもらい当方が直接予約する。

    露天 大きな浴室は湯使いも悪くない。室内プール(16~21時)まである。
     夕食バイキングは、1品ごとにメニューの名前と産地が表記。「美瑛産牛ランプ使用 ランプステーキ 牛肉の肉ももの部分です。少し硬めで味わい深い」などだ。
     
     平日で混んでいない中、当日予約で1人泊9,000円。風呂と食事を楽しみ、何の不満もない。でも、つれを伴ってまた来るか、と問われれば、口ごもってしまう自分がいる。

     200室という大型温泉ホテルに、これまで注目していなかった。下調べなく泊まった湯宿は、とても新鮮に感じ、「調べすぎない」ことも旅を味わうコツなのかな、と思う。













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1445-a797a0fc

    | ホーム |