札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     ランチした中標津町から国道272号で標津町を経由し、野付半島へ。別海町に属する。

    野付半島ネイチャーセンター
     野付半島ネイチャーセンター前の駐車場に車を停める。センター内は、海の幸を用意している食事処、土産屋があった。
     徒歩または花馬車で、原生花園を横断し、トドワラというものを見に行こうか。

    花馬車
     トドワラ木道まで花馬車は片道500円、往復1,000円。

    原生花園
     歩くと片道1.2キロという。

    看板
    木道
    トドワラのはるか向こうに、野付半島ネイチャーセンターが見える。歩いて帰るのはだるい(苦笑)
     トドワラとは、立ち枯れたトドマツの様子を指す。

    エゾカンゾウ
     エゾカンゾウが咲き乱れていた。

    国後島
     確かに近くて遠い。

    返せ!
     やわらかい看板だ。

    広がるエゾカンゾウ
     きれいだな。

    牛乳
     三角パックの牛乳はコーヒー味しかなかったため、この牛乳(べつかいの牛乳屋さん・200ml)を一気飲みした。べつかい乳業興社製造、確か100円くらい。

     1時間半ほど野付半島を楽しんだ。さて、今宵の湯宿へ。


     【追記】そう言えば、「6月中旬~7月」「10月中旬~11月中旬」は、北海しまえびの漁期。野付湾で帆かけ船が漁を行っているはずだが、土曜午後は見当たらなかった。
     どうやら漁は早朝3時から実施しているらしく、昼前には終了するみたい。日曜はお休みとのこと。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1458-d28a8201

    | ホーム |