札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     グリル銀鱗荘でティータイムを味わった後、スタッフの誘導で廊下づたいに宿へ移動。勝手口から宿へ侵入した気分になった。表玄関で客をもてなす着物姿のスタッフによる歓待は受けなかったものの、廊下を歩く当方に、フロントスタッフが駆け寄ってきて、対応してもらう。

    銀鱗荘マーク
     銀鱗荘はお高い。本館和室で1人42,150円なのだ。昨夏、背伸びして投宿し、ゴージャス気分を味わったが、もう泊まることはないと思っていた。
     ところが、客室限定で40%引との宿企画を拝見。後先考えず飛びついたわけだ。

    客室前ドア
    客室
    縁側
     大浴場の側にある「満月」という客室。15畳+テラス。

    お茶
     スタッフによる、お茶&オリジナルまんじゅうの提供。

    浴衣
     歯ブラシがしっかりした造りのものだけに、家で利活用している。

    冷蔵庫
     有料にて、客室冷蔵庫に飲み物あり。持ち込んだ飲み物を入れるスペースもあり。

    共同トイレ
     客室「満月」に、トイレはない。でも、すぐ隣に共同トイレがある。

     昨夏に泊まった客室はこちら












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1471-033b6cd5

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。