札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     白老の山の中を走っていたら、偶然こんな建物に遭遇した。なんだか宿っぽいので、車を停めて玄関へ向かう。

    見知らぬ外観
     一見すると人の気配はないが、玄関の前には町広報誌の最新号が置いてある。誰かいるかも知れない。「ごめんください~」。
     建物の裏手に周ると、露天風呂があった。湯が注がれているわけではなく、野ざらし状態に。「ああ、廃宿なのかな」。そそくさと撤収した。

     帰宅後、道立地質研究所の北海道地熱・温泉ボーリング井データ集および索引図(統合版)をチェック。
     この地に湧き出た湯は、1997年に掘削しており、ナトリウムイオン-硫酸イオン・塩素イオンが主成分で、pH8.5、58.5度、毎分70リットル。溶存成分(Total Suspended Matter=TSM)2.189g/kg。

    廃宿の前に広がる風景
     10年ほど前、こんな山奥でボーリングして、湯宿を建てたものの・・・ 宿の前に広がる土地は、バーベキュー小屋があったりして、キャンプ場だったのかな。

     どんな歴史があったのだろう。「夏草や 兵(つわもの)どもは 夢の跡」という松尾芭蕉の俳句を思い起こさせる、宿および周辺の雰囲気だった。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1508-803947db

    | ホーム |