札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    福ノ家旅館2階客室から望む外観
     オープン時間が迫ると、あれよあれよと10人くらい集まってきて、わいわい賑やか。
     営業時間8時30分~21時00分。券売機で1人500円。

    案内
     「湯治用」と「一般用」の浴室が、男女別にある。内風呂のみで露天はない。
     どちらも源泉は同じ。加温の程度が異なるだけだ。湯治用はぬるめ、一般用は熱め。

    →温泉分析書 (平成21年3月)
    ・源泉名 「R10号井」
    ・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
    ・毎分51リットル 動力揚湯
    ・泉温41.6度
    ・pH7.6
    ・成分総計15.43g/kg
    ・蒸発残留物13.65g/kg

    湯治用浴室 (男性)
    浴室内。写っていないが、右手に真湯の風呂がある
    オイルフェンスが浮かぶ(早朝のみ)
     湯面に大量の油が浮かんでいてびっくり。スタッフに聞けば「湯治用の男性風呂」に限り、源泉から分離している油成分を「朝1番風呂」のサービスとして、投入している。皮膚疾患の湯治客に好評だそう。
     油成分の湯船への投入は早朝1回だけに、湯客が体に塗りつけたり、湯船から湯があふれて流されたりして、やがて過剰な油成分はなくなってくる。
     この「濃厚湯」にどぶり浸かりたかったが、物見遊山の立場ゆえ、湯治客に譲ろう。



    一般用浴室 (男性)
    一般棟脱衣所前
    明るくて広い
    写真ボケボケ
     窓が大きく、明るい感じの浴室。

    温泉成分
     成分の濃さを視認できる。

     黄土色っぽい湯は、しょっぱい。ほんのり石油臭もあるが、肌がべとつくような油分は感じない。ただし、湯船の床に湯花が溜まっている箇所があり、触るとべっとりした。しかし、ほどなくベトベト感は消え、体が心から温まる。



    館内「食堂」
    メニュー
     館内の食堂は、営業時間が10~14時、16~19時まで。前日夕方に日帰り入浴した際、すごく美味そうな肉の匂いがしたので、食堂をのぞいたら、特製味付ジンギスカン780円を食している方を発見。周辺の宿に素泊まりして、ここでジンギスカンと生ビールに興じるのも、オツかしら。

     2階には無料休憩室もあった。

    濃厚な成分って言うか"アブラ” 湯治されてる方がいるにもうなずける。

    「駅前旅館」さんご指摘の<三源泉>間違い無いようですね。 
    資料では「豊富ホテル」さんが14号で、他の施設は01、04、10号の混合と出てますが、正確には
    <01、04号混合> <10号> <14号>と分かれてるようですね
    一番近い私が今だ未湯で、お恥ずかしい。 苦笑

    福ノ家旅館 ノーマークの宿 興味津々で読ませてもらいました。
    値段が安くてビックリ 食事付き湯治料金と思えば、短期ならお徳かも
    ただ、お供する方の気持ちも考慮しないと、後々色々な問題が・・・これ以上は後日 笑い

    2009.10.08 21:24 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    いわさん、すごい油分の湯でした(笑顔)
    3源泉、そういう事情だったのでしたか。近いとなかなか足を運ばないものですよね。

    福ノ家旅館、確かに穴場でした! 女将さんに惚れて、常連客が足を運んでいるようでしたが、私のような一見客にも優しい宿でした。
    ご指摘いただいた「後々色々問題が・・・」。雑感の文脈を汲み取っていただき、嬉しい限りです(笑)

    2009.10.08 22:19 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんにちは~
    何だか凄いお湯ですね
    油臭がするとは聞いてましたが
    油そのものじゃないですか!
    体中ベトベトになっちゃいそうですね(笑)
    でも皮膚病にはよく効く感じがします
    こんな温泉は日本でも珍しいんじゃないでしょうか!

    昨日の台風は凄かったです
    都心は大混乱でした
    ボクは電車が動くまで会社に待機してたんですが
    動き出してから自宅に着くまで2時間以上もかかりました
    ほんとひどい目にあいましたよ
    まぁ~3月11日の時よりはマシでしたが・・・
    今年はいったいなんという年なんでしょうね~

    2011.09.22 15:04 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、おはようございます~
    そうなんです、アブラなんですよ!
    浴槽内にアブラが固まっている箇所があって、
    手でふれると、べっとり付いてしまい、
    これは石鹸で洗わないと・・・と思っていたのですが、
    湯上がり後、いつの間にか消えてしまい、洗わずに済みました。
    皮膚に吸収されちゃったのかも知れません???
    道立衛生研究所の研究者が、
    豊富温泉の湯をサッポロに運んで、皮膚病の患者さんに一定期間、
    入浴してもらったところ、症状が安定したという研究論文もありますので、
    薬湯、という言葉が似合う湯と思ってます(笑顔)

    台風、東京は大変でしたね。
    ニュースで拝見しましたが、駅前は人でびっしり。
    「帰宅困難者」という表現で紹介されており、
    びっくりしながら拝見しておりました。本当にお疲れさまでした。
    黒湯の温泉銭湯で疲れをいやすのもよろしいかも知れませんね(笑顔)

    2011.09.23 08:03 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1517-06ce2f67

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。