札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    帯広駅徒歩2分、ビジネスホテルに温泉

    屋上看板に「天然温泉」(笑)
     8階建て101室で「可も不可もない」といった外観の、ふく井ホテル。
     帯広駅北口から徒歩2分、こんな街中のビジネスホテルに、温泉が湧いている。しかも、琥珀色のモール泉だ。日帰り入浴を受け付けていないから、泊まらないとその湯を味わえない。

     2005年(平成17年)5月、出張で1泊の際、とても良いホテルだな、と好印象だったので、今回、自腹で再訪した。朝食付6,400円(じゃらんnetで予約)。



    垢抜けた客室デザイン

    シングルルーム
     帯広駅界隈にいろいろなホテルが新設され、「仁義無きホテル戦争」が繰り広げられている中、1927年創業のふく井ホテルは、客室を近年リニューアルした。今時のデザイナーズな雰囲気になり、以前より垢抜けた印象だ。
     シングル(2種類)、ツイン、デラックスツインに加え、和室もある。特別室(ツイン)の浴室は、モール泉を引いているのだから、ちょっと気になるな。



    モール泉ざんざか

    紅茶色したモール泉
     自家源泉のモール泉は、シンプルな湯船に夜中も注がれている。肌を撫ぜるとどことなくツルツルする浴感で、湯口に鼻を近づけると、ほんのりタマゴな香りも感じる。浸かっていると、ホントに微量ではあるが手足に気泡を確認。
     そのまま垂れ流している湯使いに好感が持てるとともに、そもそも地下に浴室を配置している設計が、湯に配慮した姿勢の表れと好意的に受け止めた。窓がなく借景が拝めない分、モール泉の湯触りに集中できる。
     浴室&脱衣所の清潔さに加え、タオル&バスタオルが脱衣所に置いてある点に、ちょっとした贅沢気分を味わえた。



    夜の街へ繰り出そう

    鳥せい帯広中央店 朝食付で泊まったため、夕食を求め繁華街へ繰り出した。北の屋台というところも良さそうだが、新規開拓が億劫と感じ、出張の際に何度か利用している鳥せい帯広中央店へ。

     から揚げ800円、鳥精肉250円、冷奴250円に、生ビール480円×2杯、酎ハイ350円。これにお通し200円と消費税を加え、しめて2,950円なり。

     この店のカウンターに雑誌が数冊置いてあるのだが、もう何年も前から「女子アナ大全」(竹書房)など、女子アナウンサー系の雑誌ばかり。店主の嗜好なのかしら。
     ふく井ホテルに泊まれば、新鮮なモール泉と帯広の夜を満喫できる。自然豊かな2食付の湯宿で「お篭り」するのも楽しいが、こういう街中に佇むホテルに泊まり、アクティブに繁華街を練り歩くのも、これまた楽しいな。

     ちなみに、館内レストラン「バイプレーン」(禁煙)の朝食、非常に美味しゅうございました。夕食メニューも期待できそう。ホテル内外に美味処がひしめく帯広へ、また足を運びたい。

    いっちさんこんばんわ。
    ふく井ホテルの温泉よさそうですねぇ~。

    実は、帯広生まれでその界隈で生まれた蛤です。
    そのせいか、なぜか帯広は懐かしく、温泉、食べ物ともに馴染む気がするのです。

    鳥精もあって、温泉もあって、駅も近くて車で自然にも近いそんな帯広に私もまた行きたくなりました~!

    2009.12.05 22:14 URL | 蛤 #- [ 編集 ]

    ふく井ホテル、温泉は泊まらないと入れないんですよね。
    朝食もおいしそうだし、私も泊まってみたくなりましたよ。

    2009.12.05 22:56 URL | さくら #NqNw5XB. [ 編集 ]

    いつもどうもです。

    ふく井ホテル、昨年出張で泊まりました。現地の人が手配したホテルなんですが、最初、せっかく十勝川温泉があるのに駅前でしかも古そうなネーミングで嫌だな、と思ったものでした。

    ところが実はさすが現地に精通した人の選んだホテルでした。いいですね、ここ。また行きたいです。

    2009.12.06 03:13 URL | よしい #GCA3nAmE [ 編集 ]

    おおっ、蛤さん、帯広ご出身でしたか~ ふく井ホテル、感激しました。
    帯広の文化って、独特というか個性がありますよね。
    豚丼、中華ちらし、鳥せい、平和園、インディアンカレー、スイーツ・・・
    食べ物ばかり並べましたが(笑) 街中に温泉が湧いて、おっしゃるように車でちょっと足を運べば自然&温泉があって・・・素敵な故郷ですね、羨ましいです!

    2009.12.06 18:29 URL | いっち #- [ 編集 ]

    さくらさんが通ってらっしゃる帯広に、私も行ってきました(笑顔)
    このホテルを拠点に、いろいろ食べ歩くのも楽しそうですね。他の温泉銭湯にも足を運べますし。
    朝食は、本当に美味しかったです~

    2009.12.06 18:29 URL | いっち #- [ 編集 ]

    よしいさんも宿泊されていましたか! 名前が古いというご指摘、思わず頷きました(笑)
    外観が昭和チックですし、どうなのかな、と泊まる前は思っていましたが、なかなか実力派のホテルですよね。スタッフの応対も素敵と感じましたし。人間と同じで、外見よりも中身が大事、と痛感しました!

    2009.12.06 18:30 URL | いっち #- [ 編集 ]

    駅のホームからも「天然温泉」の看板が目立ちますね。さすが帯広、と思った記憶があります。

    格上の北海道Hやノースランドも素晴らしいですが、コストパフォーマンスでは抜群のホテルだと思っています。私が泊まったときは正直古さを感じましたが、リニューアルして雰囲気もいいですね。再度宿泊したくなりました。

    2009.12.07 22:11 URL | あず #kufRxRd. [ 編集 ]

    昨年秋に再訪して、リニューアルされていて驚きました。
    その前の宿泊では昭和ノスタルジー満載のお部屋だったものですからww。

    でもお湯は変わらず最高。
    帯広、十勝・・・、行きたい^^;。

    2009.12.07 22:22 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    あずさん、コメントありがとうです~
    確かに「天然温泉」の看板、帯広駅前で存在感がありますよね。
    北海道ホテル、ノースランド・・・ 私は前者に1泊だけです。
    朝食付6,400円はお得な価格帯で、懐に優しいですし、、客室はきれいになりましたから、再訪オススメです(笑顔)

    2009.12.08 21:20 URL | いっち #- [ 編集 ]

    駅前旅館さん、複数回宿泊されているとは!
    私も以前、昭和チックな客室に泊まり、「これはこれで味わいがあるかな」などと思いました(笑)
    駅前旅館さんが何度も宿泊されるのですから、お湯はかなりのレベルと、改めて思いました。
    帯広市街に泊まるって、湯&外食を堪能できて楽しいですね~

    2009.12.08 21:21 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ざんざか、っていいですね。寒いこの季節、読むだけで懐まで温まる気がします。

    明日ボーナスが出たら、ざんざか使ってみたいものです(掛け流せませんが)。

    2009.12.09 15:25 URL | よしい #GCA3nAmE [ 編集 ]

    よしいさんへ
    お湯が「ざんざか」って、なんだか嬉しい響きですよね。湯使いの良い温泉が、湯船からこぼれ落ちる風景って、「贅沢」の一言に尽きます(笑顔)
    でも、ボーナスは、循環塩素殺菌して再利用してみたいものですね(笑)

    2009.12.09 19:27 URL | いっち #- [ 編集 ]

    今度の土曜から2泊、ふく井ホテルに泊まってバイプレーンで食事をするためだけに東京から帯広に行きます。
    今年は出張で数回泊まりましたがいつもあわただしい日程でしたので、ゆっくりお湯と料理を味わってきます。
    今回は30日前の予約で広い方のシングル朝食付き1泊4900円のため夕食代以外は格安です。

    2009.12.13 22:41 URL | のぶ #- [ 編集 ]

    のぶさん、コメントありがとうございます。

    えっ、東京からプライベートで、ふく井ホテルに2泊ですか!
    出張で何度もお泊りになって、とても気に入られたのですね。そのお気持ち、たった2泊しただけの私ですが、分かるような気がします。ホテルの方も、さぞや嬉しいことでしょう。

    ホテル内レストランでの食事、そして周辺観光、堪能されますことを祈念します(笑顔)
    また、よろしくお願いします。

    2009.12.14 20:13 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1577-f5758251

    | ホーム |