札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     1970年(昭和45年)、帯広市で産声を上げた焼肉レストラン「平和園」は、十勝管内6店舗+札幌3店舗の計9店舗を展開しており、帯広っ子は「焼肉イコール平和園」と胸を張るとか張らないとか。

    飾らないのれん
     帯広駅北口から、徒歩3~4分くらい。

    【ジンギスカン定食 520円】

    ジンギスカン定食520円
    ・大盛りメシ
    ・熱々味噌汁
    ・漬物
    ・フルーツ
    ・味付ジンギスカン (写真に写っていないもう半分の銀皿に、別注文のカルビ660円がある)

     肉の味付は「一丁付け」と呼ばれる昔ながらの手法で行っている。要するに、客に注文を受けてから味付けしているのだ。そうかそうか、てっきり味の付いている肉って、何日も前から「漬物」のように仕込んでいると思っていたが、美味しいところはそうじゃないのだな。

     しかも、ジンギスカンは機械で切るのではなく、職人の包丁による「手切り」だそうから、恐れ入る。先に記した帯広っ子が、この店に誇りを持つわけがちょいと分かる気がする。


    【個室代 200円】

    平和園個室
     のれんをくぐり、「いらっしゃいませ」と、笑顔で迎えてくれた女性店員のユニフォームが、なんとなくスイスの民族衣装のような雰囲気と思ったのは、当方だけだろうか。

     それはさておき、「テーブル席と個室がある」と言われた当方は、後者をチョイス。個室代200円は人数に関係なく同じ価格との説明を受けた。通された個室は、2人用のこじんまりスペースゆえに、なんだか落ち着く。スイス民族衣装な女性スタッフに求めれば、コートや鞄を入れるビニル袋を無料でもらえるので、臭い付き防止に役立つこと請け合い。

     昼間から生ビール450円×2杯、カルビ660円、平和園サラダ350円、ジンギスカン定食520円、個室代200円の計2,630円。2人利用でこの値段は、お得かな。

    >「焼肉イコール平和園
    私にもなんとなくそのようなイメージが(^^)

    市内のお店には行ったことがないですが、「士幌店」で食したことがございます。
    お気に入りだった今は無き「オサルシ温泉白樺ハウス」に素泊まりする時の夕食はここでした。店舗もスイス調といかアルプス風(^^♪。懐かしいです。

    2009.12.23 21:19 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さんは、士幌店をご利用でしたか。いわゆる「食泊分離」を思う存分楽しまれていたのですね(笑顔)
    お気に入りの湯宿がなくなるって、寂しいですが、新たなお気に入りの湯宿を探しに、放浪するのも、これまた楽しいですね。湯宿めぐりは「終わり無き旅」のような気がしてきた今日この頃です~

    2009.12.24 21:11 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1585-745037c9

    | ホーム |