札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    世界遺産の街に、大手資本

     近年、全国展開するビジネスホテルチェーンの宿が、地方都市の繁華街に「雨後のたけのこ」のようにオープンしている。ドーミーイン、スーパーホテル、東横イン、アパホテル、ルートイン、リッチモンドホテルズ・・・ 当方も出張の際、世話になっている。

     ホントは仕事にかこつけて、地元の個人経営の「商人宿」へ泊まれば、渋い宿を体験できて「商人宿の事情通」になれると思うものの、これらビジネスホテルチェーンに1回泊まっちゃうと、ネットで楽々予約でき、ハードは新しくて快適、スタッフの対応も良い上に宿泊料は安価とあって、ついつい気持ちがなびいてしまう。仕事で泊まるのだから、「冒険」する気力もないし、何よりも疲れた体を快適な環境で癒したい気持ちが強い。だから足を運ぶ。

    客室3
     人口12,800人の斜里町は、ユネスコが2005年(平成17年)に世界遺産へ認定した知床にある。その玄関口であるJR知床斜里駅の目の前にどどーんと佇む「ホテルグランティア知床斜里駅前」は、「ルートイン」というビジネスホテルを全国200施設展開しているルートインジャパン(非上場)が、2007年(平成19年)オープン。ビジネス客というよりも観光客をターゲットにしたホテルのようで、実際「ホテルグランティア」のブランド名は、ルートインジャパンの中では観光ホテルの位置付けだ。

     どうやら温泉が湧いているようで、湯も良さげらしい。そこで、冬のオホーツク海まで足を運び、プライベート宿泊してみた。

     客室をはじめ、ハード面は真新しくて良いな。



    穴場過ぎるモール泉

    湯口
     ホテル周辺の斜里町市街地では、以前から温泉付の宿が点在している。グリーンホテル(15室)、斜里温泉湯元館(20室)、山本館(14室)は、いずれも「モール泉」らしい。
     そして大手資本のルートインジャパンが敷地内でボーリングしたら、同様のモール泉が湧き出てきた。「塩素系薬剤を使用」の掲示をみると、アレレ、な感じなのだが、実際に入浴してみると、塩素臭はまったく感じず、むしろモール泉特有の芳香を感じる。湯を手ですくって鼻を近づけると、まるで樽で熟成させたウイスキーのかぐわしい香り。ああっ、これはわざわざ足を運んで良かったな、と思わせる良質の温泉に、気分上々。泊まらないと入浴できないのだから、ある意味「秘湯」な感じがする。



    夜は斜里の街へ繰り出そう

    ざるそば750円
     ホテルで夕食は提供していない。したがって、夕食は外食または持ち込みして食すしかない。ホテルの向かい側に飲食店テナントが複数あり、当方は「知床そば処えん」に足を運び、知床地鶏焼、10割そば、生ビール、サワーなど計4,000円強を堪能した。マスターとの四方山話も、これまた楽しい。
     店を出て、すぐそばのセイコーマートへ寄って、缶サワーやおつまみを買い、ホテル客室で2次会した。

     ちなみにホテルでは、近隣の飲食店をいろいろ紹介している。居酒屋、すし屋・・・ 近くのカフェではピザのテイクアウトも行っているそう。それに当方が食した「知床そば処えん」から出前もOKだった。ただし、出前そばを客室で食べるのはNGで、朝食会場のレストランで食すのがルールらしい。朝食のクオリティーは、スーパーホテルよりは品数も多く味も良好と私感。

     何はともあれ、朝食付5,400円で、きれいな客室、かぐわしいモール泉、それなりなスタッフ応対を味わえるのだから、文句のつけようがない。

     一方、世界遺産バブルがはじけた今日この頃、客入り動向はどうなのか、ちょっと気になった。通りすがりの宿泊客の分際なのに、大変失礼。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1621-6da19a7e

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。