札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    外観
     天人峡温泉の一番奥に佇む湯宿は、102室(定員446人)。

    玄関前
    玄関内
     玄関をくぐり、エレベーターで2階ロビー&フロントへ。

    ロビー
    天然水
     ロビーには新聞のほか、近くで採取した天然水が置いてあり、自由に飲める。
     フロントで立ったまま、チェックイン手続き。シニアなフロントマンに荷物を持ってもらい、今宵の客室まで誘(いざな)ってもらう。

    客室
    きれい
    10畳
     通された客室は、最上階の7階角部屋。10畳+縁側。

    客室ドア客室トイレ
    茶菓子冷蔵庫に、前の客が残した正体不明の食い物がちり紙に包まれたまま、残されていた。スタッフに手渡して処分してもらう
    浴衣客室かぎは1つのみ
    歯ブラシ













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1624-9ebd53e8

    | ホーム |