札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    湯面が緑色

    温泉分析書 平成9年9月10日
    ・源泉名「天人峡第2号泉」
    ・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
     (旧泉質名 含土類・食塩-芒硝泉)
    ・泉温53.2度 自然湧出
    ・pH6.3
    ・成分総計3.141g/kg
    ・蒸発残留物2.458g/kg

     「浴槽内はすべて天然温泉100%です。加水・加熱・循環濾過など一切行っておりません」と、宿によるアピール掲示あり。

     男女風呂は、夜中に入れ替えるので、宿泊客は両方味わえる。

     日帰り入浴12~17時、1,000円(タオル&フェイスタオル付)。

    男性内風呂

    岩風呂出入り口男性脱衣所
    浴室へ入ると、手前(左)に洗い場、奥に浴槽洗い場


    千葉県のような形の湯船


    もう1つ、丸い湯船がある


    味わいある湯船


    温泉、飲めます




    男性露天風呂

    大きいような小さいような


    湯船真中にロープ





    女性内風呂

    弓人の湯


    浴室に入ると、半月の湯船はじめ、こんな風景


    逆を見る


    L字の湯船あり


    奥にこんな湯船も


    さらに五右衛門風呂。温泉じゃないみたい




    女性露天風呂
    大きからず


    小さからず


    可も不可もなく













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1627-77a25b74

    | ホーム |