札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    玄関横にアロエ
    温泉分析表 (平成18年2月27日)
    ・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
    ・泉温 65.2度
    ・pH 8.04
    ・無色透明 弱塩味 微苦味 無臭
    ・濾過装置 無し
    ・循環装置 無し

    チラシ
     日帰り、絶賛受付中。

    外観
     熱海の街中に、いい意味で馴染んでいる感じの湯宿。

    男性脱衣所
     湯治場な脱衣所。

    男性浴室
    手前の小さな浴槽は不使用ナイス
     熱海の市街地なのに、やたら歴史を感じる。湯は塩辛い&苦みを感じる、ナイスな湯。

     宿泊も受け付けているって、スタッフに聞いた。

    熱海新聞、伊豆毎日 ロビーに「熱海新聞」「伊豆毎日」が置いてあった。旅先で地元の新聞を手に取ると、旅情を感じずにはいられない。

     アタミザクラを愛でて、福島屋旅館で熱海の湯を満喫した。どこかで昼食しよう。


    おお、行かれましたか。
    ここは熱海の街中では一番の泉質かと思います(私見)。

    渋い共同浴場などはまた次回お楽しみください(最近一ヶ所更地になってしまいましたが)。

    2010.03.07 16:33 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2010.03.07 20:05  | # [ 編集 ]

    駅前旅館さん、以前アドバイスいただいた、福島屋旅館へ日帰りしました!
    大変ありがとうございます。

    やはり、ここの湯は濃いですよね。風情をふくめ、熱海駅から徒歩10分圏内で、
    堪能できるのですから、お得な感じでした。
    機会があれば、今度は宿泊したいと思う湯でした。

    2010.03.07 20:20 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1634-30cde1e4

    | ホーム |