札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    後ろは、まほろば
     2008年(平成20年)8月リニューアルオープン。30室。

    エントランス玄関は自動ドア
     エントランスを歩くと玄関に。

    玄関前
    玄関
     番頭さんらが出迎えてくれた。

     カウンター前に座り、チェックイン手続き。仲居さんにいざなわれ、まずは1階談話室でウェルカムドリンク。




    談話室

    談話室
     新聞・雑誌・本・CDが置いてあるほか、コーヒー(機械でおとす)や紅茶も飲み放題。利用時間7~22時。

    茶&羊羹
     茶&羊羹。




    廊下→客室へ

    廊下
     仲居さんに誘導されつつ、今宵の客室へ。廊下は畳が敷いてあり、館内は素足で歩く。

    客室前
     客室の引き戸を開けた。

    【Dタイプ】 和洋室 源泉かけ流し露天風呂付き

     リビング、和室、寝室、ダイニングの、いわゆる3DK。トイレ、洗面所、露天風呂、テラスがつく。



    リビング

    TVは亀山モデル。DVDも鑑賞できる
    ベランダもある
    左手に和室
     左から、和室、リビング、寝室。中央奥に玄関。




    寝室

    寝室
    ウォシュレットトイレ鍵
    浴衣、足袋、籠色つき浴衣
    バスローブ 客室玄関前とトイレは、自動センサーで照明が点く。鍵は2つ。浴衣やバスローブなど館内着が豊富。




    ダイニング

    ダイニングからの眺め。テラスの奥に客室露天風呂あり
    明るい
    まんじゅうお茶
    冷蔵庫グラス
     冷蔵庫内のソフトドリンクは無料。




    客室露天風呂

    洗面所
     洗面台は2つ。奥の洗い場にはシャンプーなど置いてある。

    湯船
     洗い場を抜けると、そこは客室露天風呂だった。湯面がとっても灰色だ。宿では、この湯を「鉄泉」と呼ぶ。新登別温泉と同じ源泉名である。

    平成19年7月26日
    ・申請者 登別市長
    ・源泉名 「奥の湯
    ・単純硫黄泉(硫化水素型)
    ・泉温68.1度(自然湧出)
    ・知覚的試験 灰白色微濁、ほとんど無味、硫化水素臭
    ・pH4.6
    ・成分総計1.123g/kg
    ・蒸発残留物0.966g/kg

    沈殿物
     泥パックして遊べる。



    テラス

    テラステラス&露天風呂
     客室露天風呂で茹であがったら、テラスでクールダウンできる。もっとも、冬場ゆえに活用する機会はなかった。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1645-1ad3e5e0

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。