札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    外観
     道道摩周湖斜里線沿いに、宿が見える。13室。

    玄関前
     駐車場に車を入れようとしたら、スタッフが飛んできて誘導&荷物を持って玄関まで案内してくれた。

    玄関内
    お茶
     玄関で靴を脱ぎ、スリッパに履き替え、ロビーに座ったままでチェックイン手続き。ブルーベリーティーとパウンドケーキを供された。

    1階廊下
     支配人が運搬用カートで荷物を運んでくれつつ、今宵の客室までいざなってくれた。

    客室
    2部屋
     ベッドルームと和室で構成。40㎡以上あるらしい。

    40平方メートル強
    シンプル
    景色
    茶菓子部屋着
    冷蔵庫に冷水ポットあり夜食
     ロビーでパウンドケーキをいただいたのに、テーブル上に餡ドーナツあり。別皿にはバナナとパンがあった。冷蔵庫のポットに入った冷水は、ホテル敷地内の地下水。



    洗面所&洗い場
    トイレ歯ブラシ
     ウォシュレットトイレ、洗面所、そして洗い場があって、その奥のドアを開けると露天風呂がある。



    客室露天風呂
    脱衣所ドアを開ける
     湯面が黄色っぽく見える。

    4人くらい入浴できる
    こぎれい
    客室湯口
     成分総計16g/kgの「ナトリウム-塩化物強温泉」で、舐めると塩辛い。湯に鼻を近づけるとほんのりモールの香りが漂った。夜中も入浴OK。

    加水ボタン













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1680-f6db6ea0

    | ホーム |