札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ぽつん
     ぽつんと離れたところに、素泊まり専用の別館(1泊3,615円・6室)がある。

    花畑源泉
     別館の前に、湯だまりを見つけた。看板をよく見れば「五色温泉花畑源泉」と記載。この湯が別館の湯船を満たしているようだ。

    温泉分析書 平成16年9月6日
    ・源泉名「花畑源泉」
    ・湧出地 蘭越町字湯里671
    ・55.4度、毎分200リットル、自噴
    ・無色澄明、酸味、硫化水素臭
    ・pH2.4
    ・成分総計  3.823g/kg
    ・蒸発残留物 3.679g/kg
    ・酸性・含硫黄-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)

    別館正面
    別館玄関内
    脱衣所前脱衣所
    内湯


    男性風呂
    内風呂
    洗い場見える
    天井が高い




    男性露天風呂
    遠くに本館&古い建物が見える




    女性風呂

    女性内風呂
     男女とも同じ造り・広さのよう。

    こじんまり


    別館日帰り情報
     別館日帰り入浴は、別途料金がかかる。

    公共交通機関利用派ないっちさんがレンタでニセコ巡り(!o!)オオ!

    確かにニセコは湯どころや観光スポットが点在してるので
    クルマ移動の方が圧倒的に楽っすね。
    夏場なら、中山峠もかなり走りやすいっすもん。
    σ(^^)昨年ぐらいからニセコ行きには中山峠の国道230号より
    小樽~赤井川~倶知安へ至る国道393号利用が多いのですが
    小樽~赤井川間が、ちょっと運転きついカモですが
    夏場なら焦らずゆっくりのんびり走れば大丈夫かと
    途中、温泉やワイン工場、牧場アイスなんかも楽しめるので
    このルートもニセコ入りの際機会が有れば是非。

    そうそう、話を本題に戻して(;^_^A アセアセ…
    σ(^^)このの別館 長寿乃湯の方が好きっす。

    まだココが仮オープンの頃
    不慮の事故で亡くなったココの館主に
    σ(^^)が花畑源泉見てるトコロへ声かけて頂き
    無料入湯させて頂いた(本館にはちゃんと料金払って入湯済み)
    というコトなのもあるんですが
    こっちの方が泉源みて、触ってから湯浴みを楽しめる感があってフフフ♪

    また、ココの露天風呂真下のニセコアンベツ川にチョロチョロ流れ込む
    白髭のような硫黄流れを見るのも好きっすね。
    σ(^^)は、まだやったこと無いんですが
    夏場は、ココでも入湯する方が居るとか。

    まだってことは・・・やる気満々?σ(^◇^;)

    2010.06.30 12:32 URL | KOBAN2 #vkcXtX9g [ 編集 ]

    KOBAN2さん、思い切って自分でハンドルを握ってみました(笑) 最近はJRで現地まで出向き、そこからレンタカー運転を経験していたので、今回は自宅からレンタカーで!

    おお、小樽から赤井川を経由するルートは、助手席で経験ありです。ご指摘のように道路がくねくねしていて、いつまでも若葉マークな私にはムツカシイかも知れませんね(笑) アドバイス通り、そろりそろりとハンドルを握ってみたいルートと思っています。

    別館! 入湯されてましたか! 宿の方とのコミュニケーションがさりげないKOBAN2さんに、感心しきりです。人徳があるのに他ならないですね。
    なんといっても別館の目の前に源泉があるって、スゴイロケーション。私も、別館の湯が忘れ難いです。そして、野湯?・・・ 私もそんな大胆な行動ができたら、人生の質が高まりそうです(笑)

    2010.06.30 21:16 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1705-b18d3c44

    | ホーム |