札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    高速バス停「竹浦」
     札幌から高速バスで1時間30分。片道1,700円で白老町へやって来た。高速バス停「竹浦」から歩いて虎杖浜の外れまで探訪しよう。直線距離でおよそ7キロメートル。

    道端のマーガレット
     道端に咲くマーガレットを眺めつつ、ペンション戸田の前を通り(営業しているのかしら)、竹浦中学校を過ぎる。

    駐車場の看板
     竹浦駅の裏側を越え、竹浦小学校の手前に、メ○ード化粧品の看板を掲げたペンション風情な建物がある。陶板浴ひかり(ひかりハウス)と称し、天然温泉付陶板浴湯治ハウス(洋室4室、素泊まり3,000円)らしい。

    一番館
     西へ向かってテクテク歩く。富士の湯温泉ホテルペンション一番館を眺め、その先にある今は亡き旅荘ラッキーを想った。

     国道36号へ出るため、左へ曲がる。合田踏切を渡り、ホテルやまだをチラ見。そして国道へ出た。

    オーシャン
     札幌から宿泊客を送迎しているっぽい。

    ホワイトハウス
     健在していた












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1721-4a04972b

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。