札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     浴場は「清水の湯」と「灯心の湯」に分かれ、21時00分から30分間の清掃を経て、男女入れ替えとなる。夜通し入浴OK。

    清水の湯

    温泉分析書 平成17年10月25日
    ・申請者 洞爺湖温泉利用協同組合
    ・源泉名 洞爺湖温泉(洞爺6・9・12・13号、共同1・2・3・4・5・6・7号混合泉)
    ・湧出地 洞爺湖温泉町78番地325
    ・湧出量 毎分1,430リットル(掘削、動力揚湯)
    ・知覚的試験 僅微黄色澄明微塩味無臭
    ・泉温47.0度、pH6.7
    ・成分総計 1,982g/kg
    ・蒸発残留物1.376g/kg
    ・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉

     洞爺湖温泉利用管理組合の貯湯槽の衛生管理のため、源泉を熱処理している。配湯を受けたこの宿では、手を加えずそのまま湯船に注いでいる。

     使用している湯や湯使いは、大和旅館とおおむね同じもよう。

     日帰り入浴は14~20時、1,000円。

    清水の湯

    内風呂
    脱衣所出入り口から望む
     北海道産の御影石を使用した浴室。

    冬期間は閉鎖する露天風呂
     屋根や壁で囲われた露天風呂。

    脱衣所





    灯心の湯

    内風呂
    天井は高く、昼間は窓から日が差し込む
     浴室の壁にヒノキを使用している。

    露天風呂
     縁側の前に、露天風呂がある感じ。

    洗面台
    脱衣所





    休憩室

    休憩室
     電動マッサージチェア、書籍、自販機などが置いてある。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1735-9bbef442

    | ホーム |