札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    檜風呂

    温泉分析書 (平成19年1月11日)

    ・申請者 株式会社第一寶亭留
    ・源泉名 翠山亭倶楽部定山渓
    ・湧出地 札幌市南区定山渓温泉西3丁目
    ・泉温  62.0度(動力揚湯)
    ・pH6.4
    ・無色 澄明 弱塩味 無臭(採水20時間後は僅かに黄色)
    ・蒸発残留物 2.873g/kg
    ・成分総計 3.323g/kg
    ・ナトリウム-塩化物泉

     脱衣所には、温泉分析書と温泉分析書別表のコピーのほか、「温泉成分・効能」と記された掲示板が掲げられている。宿ホームページは温泉について「3つの源泉をブレンドした湯量豊富な温泉浴場、いつでも源泉に満たされている総檜造りの客室内湯」とだけ紹介していた。

     札幌市保健所ホームページをチェックすると、「加水」と「消毒」を行っている浴槽が施設内に最低1つはあるそうだ(2008年10月1日現在)。

     男女別に内風呂(サウナ・水風呂付)と露天があり、造りが異なる。入浴時間は15~3時、清掃後に男女を入れ替え5~10時半まで。

     日帰り入浴は受け付けていない。

    風呂通路
     通路を下ると左右に浴場がある。



    男性風呂

    のれん
    脱衣所洗面台
     脱衣所にタオル&バスタオルが置いてある。冷水も飲める。


    男湯
    脱衣所出入り口方面洗い場5つ
     内湯は湯船1つ。


    円形な湯船
    木々を眺めながらの入浴
     露天風呂も湯船は1つ。





    女性風呂

    湯船の底に吸い込み口があり、実際に湯を吸い込んでいた(朝9時に体感)
    シンプル
     湯船は檜造り。

    露天
    岩が野趣あふれる
     なんとなく野趣あふれる造り。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1747-0babc8e4

    | ホーム |