札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    温泉宿で鉄板焼

     温泉宿でメシと言えば「なんちゃって会席料理」が一般的かな。既製品の先付からはじまり、刺身があって、ちょいと冷めた天ぷらはご愛敬、そして仲居さんがチャッカマンで火をつけたちっちゃい鍋物・・・定番というかワンパターンというか、もはや「旅館料理」という1つのジャンルと言って良いだろう。

     もちろん、宿泊料が高まると「なんちゃって」の冠は外れ、美味い「会席料理」を味わえるケースに出会える。ただし、美食家に言わせれば「ホントに美味いものを食いたければ、宿じゃなくて料理専門店に行かなきゃ」となるのだが。

    ロース(レア)
     それはさておき、鉄板焼きである。ここ翠山亭倶楽部定山渓では、鉄板焼き専用のグリルダイニングがあり、カウンター越しにシェフが客の目の前で黒毛和牛や魚介類を焼き、ガーリックライスも作ってくれる。その手付きは鮮やかだ。「この食材はどこで獲れたのですか」などとシェフとの会話も弾む。

     なかなかどうして、街中の鉄板焼きステーキレストランと肩を並べる味わいと風情ではないか。温泉宿で鉄板焼きという組み合わせが新鮮で面白い。正装する必要はなく作務衣姿でくつろげる。デザートと食後酒は、グリルダイニング隣の静かなテーブルに席を移して楽しむという演出もいい感じだなあ。
     「鉄板焼きはちょっと・・・」ならば、和食懐石コースを選ぼう。「会席」ではなく「懐石」である。ちょっとした温泉宿の夕食レベルの朝食から察するに、さぞや美味しいことと思う。



    そこはかとなくラグジュアリー

     もともとは日本興亜損保の企業保養所だった。定山渓温泉の第一寶亭留グループが大幅リフォームした上で、2007年(平成19年)11月オープン。客室数14室とこじんまりしており、館内はそこはかとなく高級感が漂う。

    バーラウンジ
     客室洗面所のシャンプー、リンス、ソープは「ロクシタン」というフランス製だったり、冷蔵庫やバーラウンジでの飲み物も無料だったり、サービスも上々。スタッフも感じ良かったな。ちゃんとゲストとして「ていねい」に接してもらったし。

    檜風呂
     客室の内風呂、大浴場ともに温泉。湯使いはイマイチ分からぬが、透明な食塩泉は無臭で、ほんのり苦味の混じった塩分のせいか、湯上がり後もぽっかぽか。ひょっとしたら、夏場で気温が高いせいかもしれないが。

    光岡自動車
     帰りは光岡自動車で近くのバス停まで送迎してもらった。

     これで和室1人32,550円(夕食の鉄板焼コース15,000円含む)。宿ホームページからネット予約すると、チェックイン14時、チェックアウト12時とのんびりできる。



    絶対失敗したくない旅にチョイス

     バーラウンジと客室冷蔵庫の飲み物が無料な点は、太っ腹と感じた。それだけに、夕食時の飲み物も無料にしてほしい、などとワガママな気持ちが芽生えた。どうせ夕食時に頼むドリンクは、バーラウンジと客室冷蔵庫で供されるビールやグラスワイン程度で良いのだから。
     夕食時に「お代わり頼んだら、お金かかるな」などと貧乏臭い考えをしてしまい、遠慮がちに飲んでしまったゆえ、思いっきり楽しめなかった私は、楽しみ下手に他ならない。修行が足りぬようで。

    この湯宿では「花」を生けないのがこだわり
     「もし可能であれば、夕食時の飲み物も無料だったら嬉しいです。追加料金がかかると思い、緊張しましたから」旨のメッセージを、客室に置いてあったアンケート用紙に記して、チェックアウト時にスタッフへ渡した。いま思えば恥ずかしい。「それを実現するためには、宿泊料はもっと値上げせざるを得ない」のだから。はたまた「無料だとガンガン飲んじゃて、夕食を美味しく味わうペースが乱れ、酔っ払い客で騒々しくなる」を回避する対応なのかも知れない。
     そんな子どもじみたアンケート回答に対し、後日宿から「ご意見ありがとうございました」旨のハガキが届いた。なかなかしっかりした応対に、たとえ形式的なハガキであれ、この湯宿の誠実さを感じたな。

     そうそう、この湯宿は中学生以上しか泊めない。小学生以下はお断りなのだ。いやはや「オトナの湯宿」ということで、少々お高くても良いから絶対失敗したくない旅にしたい、というご夫婦やカップルはぜひどうぞ。

    いっちさん お久しぶりです 先日地獄谷祭りの日に第一滝本館本館に泊まってきました やはり大浴場は凄いですよね 親戚も喜んでいました 来年は翠山亭倶楽部定山渓に泊まりたいと伯父たちは言ってましたら 丁度いっちさんが泊まられた事載っていましたので拝見しました やはり定山渓ではお薦めでしょうか?

    2010.09.01 14:31 URL | 宮城のカンタ #- [ 編集 ]

    カンタさん、ご無沙汰しております。コメントありがとうございました。
    先週末に第一滝本館でしたか! どでかい風呂、そして地獄祭りと楽しまれたことと思います。
    偶然にも翠山亭倶楽部定山渓に泊まりました~ とっても快適ですよ。3万円超えでもOKでしたら、おススメします(笑顔)
    もっと安い方が良いのでしたら、系列の定山渓第一寶亭留翠山亭もありますし、ふる川、章月などもありますので、じっくり吟味するのも楽しいですね。
    ではでは、またヨロシクです。

    2010.09.01 21:18 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1750-85a43eec

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。