札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    嵐山光三郎 思い入れの湯宿へ

     作家の嵐山光三郎さんは、八雲町を「かすみ草が似合う北の町」と評し、いたく気に入っている。著書「日本百名町」(光文社知恵の森文庫)を拝見すれば、同町の小さな寿司屋で食したホタテやホッキが、美味いのに安すぎる経験から、好きになってきたようだ。銀婚湯に宿泊し「自然の渓谷を思わせる仙境の湯である」と、さらり記している。

     別の著書「温泉旅行記」(ちくま文庫)、「日本一周ローカル線温泉旅」(講談社現代新書)では、町営おぼこ荘に泊まって、町から運営委託を受けている女将さんを「クッキング悦っちゃん」と呼び、料理の達人と評していた。旦那さんは町内で鮮魚店を経営しており、「亭主が魚屋なんだから、おぼこ荘の魚料理がしぶとい筈だ」と嬉しそう。

     これら文章から、嵐山さんはおぼこ荘への思い入れが強いと見た。誰が泊まってもお褒めの言葉しか出ない銀婚湯ではなく、おぼこ荘に肩入れする辺り、ナイスな感性と膝を打つ。

     平成17年(2005年)9月、熊石町との10月合併を前に民営化され、運営委託を受けていた女将さんが引き継いだ。「食」と「湯」が良いらしい湯宿は、車で行かないと不便な山の中にある。レンタカー利用でようやく宿泊がかなった次第。



    囲炉裏で美味い

    食事処1
     この宿、夕食の食事プランが2種類ある。「和食膳」と「囲炉裏料理」だ。囲炉裏料理をチョイスした私は、専用食事処(掘りごたつ)で、山海の幸を炭火で焼きつつ、名古屋コーチンの鍋を食した。おお、これは美味い。和食膳より少々お高いのだが、それでも2人で泊まって2食付1人9,980円である。

    焼き物
     焼物のメニューは八雲牛やアワビも盛り込まれ、鮮度も抜群。湯宿でつれとともに囲炉裏を囲ってバーベキューみたいな感覚で、なんだか楽しい。こういう食し方って、シンプルゆえに、また泊まって食べたいな、と思うし、飽きたら「和食膳」をチョイスすれば良い。湯宿のメニューって「旅館料理」一辺倒で、いつ泊まってもワンパターンな食事内容が多い中、ここは選択肢があるので、リピートしようと思わせる底力がある。



    味噌汁色の湯 時々ミンミンゼミ

    ふろふろ
     鉛川沿いの露天風呂は、味噌汁色のような「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」に満たされている。内風呂の湯は青緑っぽい感じで、自然って不思議だな。

     川のせせらぎをBGMに、ぬるめの露天風呂でまったりのんびり。時折、セミの声も聞こえる。あれ、道南のセミはミンミンゼミなのだな。そう言えば、前日泊まったきむら温泉旅館でも、背後の山々から「みーんみんみんみんみん~♪」の合唱が聞こえてきたし。なんだか本州みたいな「由緒正しきニッポンの夏」な気分を味わえた。

     元「公共の宿」だけに、ハードに温泉情緒は感じないものの、こぎれいで清潔感があり、素足で館内を歩ける点も良い。やっぱり「食」と「湯」が良くて、1人当たり福沢諭吉1枚でおつりが来るお得感。全国の湯宿を泊まり慣れた嵐山さんが気に入るのも、なんとなく分かる気がした。常宿にしたい、なんて久々に思ったりする。

    はじめまして。

    うちのが芽室出身なので、懐かしく見ています。

    今週は札幌で3泊です。
    札幌在住の妹に電話をしてみたら、
    30度越えて
    「暑くて暑くて!」
    キャーキャーわめいていました(笑)

    幾分涼しくなってきたでしょうか。

    2010.09.20 16:29 URL | 森の住人 #mQop/nM. [ 編集 ]

    森の住人さん、こちらこそ初めまして。
    道産子ですか! 札幌に来られるのですね。きょうは25度でした(暑いです)。午後に雨が降って、いまはやみましたが、急に肌寒く感じてきました。朝夕は半そで1枚はきついかも知れませんね。いつの間にかもう秋です。お気をつけて来道なさってください。
    森の住民さんのホームページ、宿のことが詳細に載ってますね! じっくり拝見させていただきます。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    2010.09.20 19:45 URL | いっち #- [ 編集 ]

    おぼこ荘の近況レポ、ありがとうございます。
    以前の町営時代に日帰りの経験がありますが、レポを拝見して「これは行かねば」な宿が一軒増えてしまいました(笑)。



    2010.09.20 22:58 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2010.09.21 15:54  | # [ 編集 ]

    駅前旅館さん、こんばんは。おぼこ荘も、やはり入湯済みでしたか(笑顔)
    囲炉裏料理が気に入ってしまいました! 今度は雪見風呂を楽しめる時期に行ってみたいとオモッテマス。
    ではでは、お互い旅を楽しみましょう~

    2010.09.21 20:22 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ○○さん、鍵付コメントありがとうございました。1週間もどーんと休みをとって巡る北海道温泉旅! 羨ましいです(笑顔)
    お天気にも恵まれ、楽しい交流もあったようで、それはとてもとても充実した旅だったのではないかと、こちらまで嬉しい気持ちになってきました(笑顔) 

    おぼこ荘、内風呂、露天風呂ともに、ご指摘の巨石がワイルドな風情を醸し出していました。この巨石は、地元と静内方面の石、羊蹄山の噴石を計250トン使用していると、看板に説明書きがありました。機会がありましたら、入湯&宿泊をおススメします(笑顔)

    ではでは。またのご来道、お待ちしております~

    2010.09.21 20:26 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんはぁ!
    相変わらず(温泉好きの血)は変わることなく、温泉巡り続いています。
    3-4年前に八雲の温泉が気になり、銀婚湯や熊嶺荘など調べまくった際、「いっちさんなら、おぼこに行かれてるかも?」と思い、こちらの(いっちさんの)ブログで、キーワード検索しましたが、おぼこ荘には行かれていないことが分かりました。ですが一か八か?!で新規開拓の意味も兼ねて、去年の4月、ゴールデンウイーク前に泊まって来ました。いっちさんもここで書かれている通り、大当たり!!でしたね。

    私は贅沢をして1番金額の高いプラン・・・と言っても9,980円ですが(笑)囲炉裏料理プランで、12畳のお部屋にしました。
    お湯も良く、雰囲気も良く、お部屋の落ち着き具合と言い、静けさと言い、何もかも良くて連泊したい気分になりました。
    あまりにも良いので、今年は7月の母親の誕生日あたりに宿泊予定です。

    あまりコメントは出来ていなかったのですが、時間を見つけては「いっちさんのブログ」は楽しみに、しっかりのぞいていましたよぉ~。

    そして、今年も平日限定ですが6月に「いとう温泉山菜プラン」行きます!

    ちなみに12月は函館の ラビスタ函館ベイ。1月は旭岳温泉の「ラビスタ大雪山」
    2月は定山渓の「ホテル山水」3月は「市内のホテル(笑)」4月は洞爺湖の「ごきらく亭」5月は北湯沢(旧大滝村)の「ホロホロ山荘」6月は支笏湖の「いとう温泉」7月は「おぼこ荘」・・・・と宿泊済み&宿泊予定です。
    虎杖浜の「民宿500マイル」が気になって仕方がなく、いつ行こうか良い意味で迷っています(^o^)(笑)行きたい温泉地ばかりで困るんですよ(笑)

    いつも分かりやすく、ありがたいブログを、ありがとうございます。ここは大好きな空間です。

    2011.05.15 21:31 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    ドラあきさん、こんばんはです!
    おぼこ荘は、ほんと囲炉裏料理がナイスな湯宿ですよね(笑顔) あの湯を含めて福沢諭吉1枚でおつりがくるので、とっても感動しました。お母様の誕生会にリピートいいですね! 私もいつか再訪したいと思っております。

    いとう温泉・・・山菜プランは激安ですよね。私もここ、お気に入りで、ジンギスカンプランで再訪を考えてます。
    ラビスタ函館ベイのしょっぱいオレンジ色した湯、ラビスタ大雪山の夕食フレンチ、ホテル山水の湯&食事、市内のホテルはどこかしら(笑顔)、ごきらく亭は未泊ですね~、ホロホロ山荘は風呂がリニューアルされてから行ってないですね。

    民宿500マイル、実はこの間、久々に泊まってきましたよ(笑顔) 海辺の親戚の家に泊まりに来た感じですが、手作り感ある食事が美味いです。それに湯がですね、ほんのりつるつる&身体に小さなあわあわがまとわりつく、という浴感がたまらないです(笑顔)

    いつも遊びにきていただき、とっても嬉しいです~ こんなブログですが、ご活用いただいているようで(笑顔) いろいろ湯話、またまた教えてくださいませ。たゆまぬ湯めぐり、お互い楽しみましょう(笑顔) ではでは。

    2011.05.16 20:58 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは。お返事ありがとうございます。
    実は・・・ごきらく亭は3年前から宿泊の機会を企んでいた宿でした。なかなか行けず、今回念願叶って(彼の推薦もあって)やっとこ泊まれました。
    露天風呂もなくシンプルな宿です。でもその分スタッフの方が家族的な対応で良いのです。お食事も気取っていないのですが味付けも良く、量も多くなく少なくもなく何とも良い感じなのです。朝ご飯は地のものが多く新鮮でしたので、てんこ盛り(笑)たらふく(笑)お代わりしまくって(笑)食べました。

    肝心なお風呂ですが、これまたシンプルですがお湯が超~っ!!良いんです!!ここは穴場的な湯宿ですね。料金も安く、別料金にはなりますが735円で札幌からの送迎バスに乗せてもらえますし。私は同じ系列のお向かいの宿「湖畔亭」のお風呂には敢えて入りに行きませんでした。無料で入れるとのことで皆さん、行かれていた様ですが、私はここのお湯がすっかり気に入り、浮気はしませんでした(笑)
    料金もバス送迎を入れても6千円でお釣りがくるので「安いのに満足度かなり上位ランキング・イン」(笑)な、宿になりました。

    (毎度のことながら、長い文面ですみません(^o^;))

    そして「ホロホロ山荘」は私も正直ここに行くのなら同じく北湯沢(旧 大滝村)の「あの」宿が希望でした。貸切にしてもらえる、混浴で入れるあの!宿です(笑)
    でも移動手段に車を使わないと行けず、諸事情から車を出せないので(笑)バス送迎付きで、しかも6千円台、しかもお食事が評判が良い、そして彼がお気に入り!とのことで行ってみよう!!という気分に相成りました(笑)リニューアルしてから前の雰囲気が全く変わってしまって、彼はご機嫌ナナメですが(笑)ご飯も美味しい(源泉かけ流しの循環・塩素まみれでない)貸切風呂もある(有料ですが、宿泊者は50分1,200円だそうで(笑))ので、大いに期待しています(^o^)(笑)

    また日程を書いてしまうと、いっちさんに気を使わせてしまうので書きませんが(笑)5月中に行ってきます(だから書くなって!!(笑))

    なんやかんやでダラダラ、なっがーい文章でいつも申し訳ありません(・_・;)
    この変な文章癖・・・なかなか治りません。

    いつもつたない、分かりづらい文章を読んで下さって、お返事までありがとうございます。

    彼もちょくちょく私がコメントしていたのを読んでいたらしく「いっちさん」のブログの存在を知っていたんですよ。彼も温泉が好きなので、やりくりはめっちゃ大変ですが(笑)これからも湯めぐり・究極の?!宿探しに勤(いそ)しみたいと思っています。

    ゲッソリと疲れた仕事の後に見る、いっちさんブログ、元気の素なんです。これからもどうぞ宜しくお願いいたします (^o^)v

    2011.05.17 21:29 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    ドラあきさん、どうもどうもです!

    ごきらく亭の情報、感謝感激です(笑顔) 安くて家庭的な応対は、とっても好ましいですね。札幌から送迎バス付で1万円以下って、お得過ぎて涙が出ちゃいます(笑顔) その一方、例えば札幌14時発、宿17時着ですぐに風呂、メシ、寝るとなだれ込み、翌朝は10時にバス出発ですと、ちょっぴりせわしないなあ、と感じており、活用したことはあまりないですね。でもやっぱり、激安な交通費は憧れであります!

    ホロホロ山荘! リニューアル直後にどさんこワイドで生中継していて、妙にこじゃれた風呂になったなあ、と感じていましたが、湯使いもイマイチになっていましたか(以前は、加水のみだったと記憶)。

    えっ、ドラあきさんの彼氏さんは、私のブログを通じて交際前からドラあきさんを知っていたことになりますね。そんなこともあるのですね~、びっくり!(笑顔)
    ドラあきさんの元気の素(の一つ)であり続けるよう、精進しますので(笑)、こちらこそヨロシクです(笑顔)

    2011.05.18 21:31 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1764-2bffaebf

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。