札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    湯銭200円
    湯殿
     古臭い東北の湯治場風情を感じる。こういう湯宿に泊まって、つげ義春のようにうらぶれた気分を味わってみたいが、どこかにないかしら。

    いっちさん、初めまして。

    以前から度々お邪魔させて頂いておりましたが、今回初めてコメントさせていただきます。

    いっちさんの温泉紹介はとても詳細で拝読していて本当に楽しいです。

    私も温泉は大好きなのでこれからも参考にさせて頂きます。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    ところでここは南茅部・大船温泉でしょうか?

    2010.10.10 07:01 URL | のむ #1olHiW.o [ 編集 ]

    のむさん、初めまして。コメントありがとうございます。地味なブログを見ていただき、嬉しい限りです(笑顔)
    お互い温泉好きということで、こちらこそ、いろいろ教えてください。今後ともよろしくお願いします。
    ご質問の件は・・・お見込みの通りです! 風情を感じる、いい湯殿でした。

    2010.10.10 08:54 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは~
    この温泉どこかで見たことあるなぁ~と思ったら
    よくご存知の道東のブロガーさんの記事にありました(笑)
    鄙びた風情がとってもいいですね~
    都会の喧騒から離れて
    こんなところでのんびりお湯に浸かりたいです♪
    まぁ~都会の猥雑さも決して嫌いじゃないんですけどね~(笑)

    2010.10.11 18:04 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、こんばんはです!
    レンタカーで巡ったので、たまにはこういう鄙びた湯処にも足を運びました(笑顔)
    あさ9時頃に行ったせいか、お客さんは誰もおらず、
    いい感じの湯殿で、ひとりぽつりと湯浴み出来ました。
    湯上がり後、レンタカーで函館の街中に着いた時、なんだかホッとした自分がいます。
    和友さんがおっしゃるのに関連して、私は基本的に都会の街中および温泉街の雑踏が好きで、
    たまに鄙びたところへ足を運ぶのが好き?なのかなあ、と改めて考えてみました(笑顔)
    真相はまだつかめておりません(笑)

    2010.10.11 21:46 URL | いっち #- [ 編集 ]

    そうですね~
    ボクも基本的には都会が好きなんでしょうね(笑)
    でも北海道にはいろんな魅力がたっぷりありますよ
    大好きです!
    半年は北海道、半年は東京といった暮らしが夢ですね~
    いっちさんのテリトリーの施設系では
    この間の記事にあった虎杖浜の「ふる川」や「銀婚湯」「おぼこ荘」「湯宿だいいち」「阿寒鶴雅」
    こういったところに行ってみたいです♪
    あっ!秘湯・野湯系は数え切れません(笑)

    2010.10.12 12:47 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、都会の便利さは良いですよね(笑顔) 札幌に住む私は「あー、札幌はそこそこ都会で緑もあって、温泉も近いから良いな」とオモッテマス。
    北海道と東京で半年ずつ住むって、いい感じですよね。東京にマンションがあって、北海道の弟子屈、白老、ニセコ辺りに「温泉付別荘」を持つって、これはお金がないと無理ゆえに、妄想の世界で楽しむことにします~

    お示しいただいた湯宿のうち、阿寒の鶴雅は未泊です~ それ以外はいい感じと思っておりますし、「おぼこ荘」に関しては、福沢諭吉1枚でおつりが来るお得宿として、日に日に評価が高まるばかりです(笑顔)

    秘湯・野湯系も攻めていたい今日この頃です~

    2010.10.12 21:25 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1781-7b91d949

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。