札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    若湯温泉、53.5度、無色透明、無味、無臭、pH8.2、成分総計2.276g/kg、ナトリウム-塩化物泉
     新登別温泉と登別温泉の濃い湯を味わった後、虎杖浜温泉界隈の透明な食塩泉は「仕上げ湯」にピッタリだ。
     草津における川原湯の関係と同じと思うものの、登別の仕上げ湯イコール虎杖浜って考え、聞いたことがない。とりあえず、個人的に主張しておく。

    源泉どぼどぼ
    こじんまり休憩室
     ごろ寝出来る休憩室で小1時間ばかり、うたた寝してしまった。気持ち良い。

    B級チックな外観
     入浴料は50円アップの250円に。営業時間はやや短縮し、6~19時30分(最終受付19時00分)。

     登別駅17時09分発のすずらん7号に乗り(北斗に比べ、すずらんは空いていて自由席に座りやすい)、札幌駅18時22分でフィニッシュ。その後、ススキノの「だるま」まで歩いて、少し並んでジンギスカンを食べた。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1808-c1e055e7

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。