札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     3泊4日で宮城と山形の温泉宿を巡ることにした。いわゆる東北1人旅である。

    ・札幌駅6:34→新千歳空港駅7:13
    ・新千歳空港7:50→仙台空港10:00(天候不順のため1時間遅れて着陸)
    ・仙台空港駅10:35→仙台駅11:00
    ・仙台駅11:42→古川駅11:56(新幹線)
    ・古川駅12:12→鳴子御殿湯12:51



    馬場温泉
     鳴子御殿場駅から15分くらい歩いただろうか。馬場温泉に到着した。外見が蔵を思わせる小ぎれいな造りで、宿泊OK。ドアを開けて「外に佇む湯小屋に浸かりたい」旨を申し出て、300円支払った。ちなみに宿内の風呂は日帰り400円。

    湯小屋の看板
    これが湯小屋
    大根
     小ぎれいな湯小屋は、ちっちゃい。浴室は一つだけで、ドアに「入浴中」の看板あり。確かに耳を澄ますと「ざっばーん」と湯浴みする音が聞こえてくる。きっと地元のおじさまなので、そのまま突入しようかと思ったが、貸切で入浴したい気持ちが強かったため、付近をうろちょろしながら待つ。

    馬場温泉
    ドアを開けた風景
     引き戸を開けると、脱衣所と浴室の一体型。

    浴槽
    ・ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧・純重曹泉)
    ・黄色で濁り味ともほとんどなく、微かに木材臭を放ち、中性である
    ・源泉100%
    ・泉温47.1度
    ・湧出量毎分42.5リットル(自噴)

     上記は馬場温泉リーフレットから。おそらく宿内で使用している温泉の情報と思われ、湯小屋の源泉と同じかどうかは分からない。

    天井が高い渋い
    いい
     濃い紅茶色だけに、入浴すると足先が見えにくくなる。すぐ体中に気泡がまとわりつき、湯をすくって鼻を近づけるとアブラ臭&タマゴ臭がほんのり。口に含んでも同様の味わいはした。

     遠路はるばる札幌からやってきて、初めて浸かった湯に、にっこりした。

     ちなみに、前客が入浴を終えるのを待っていたのだが、出てきた客はおじさまではなく、おねいさまだった。しかも中高生くらいの子どもがいそうな年代の主婦層ゆえに、突撃しなくて良かった、としみじみ思うのだった。国家権力にとっつかまっていたかもしれない。くわばら、くわばら。

    ついに始まりましたか、東北旅今後の記事が非常に楽しみです。 旅行バッグ(ショルダー)を肩に、時折ファインダーを覗くいっちさんを想像

    地元妙齢のご婦人なら「どこからきなしたー、まず一風呂浴びな~」(どこの方言だ)と言われそうですね。

    2011.01.18 21:00 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    いわさん、こんばんはです~ 見知らぬ土地を歩くって、とても新鮮で楽しかったです。

    ばれちゃいましたね、確かにカメラ片手にうろちょろパシャパシャしたので、アヤシイ感じだったのかなと・・・ もちろん品行方正を貫きました(笑)

    湯小屋は鍵がなかった?ので、引き戸をがらり開けると「きゃー」と言われたかも知れないと思っていました。東北弁でもてなされるシーンは想定外! 「あら、札幌から来たの~」などと、仲良く混浴できたかも知れませんね???

    2011.01.18 21:55 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ご無事でなによりでした(^^)。

    馬場、こちらは本当に素晴らしいですねえ。
    あの臭い、色、泡つき・・・。
    久方ぶりに入りたくなってきました(^^♪


    2011.01.18 22:16 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、コメントありがとうございます!
    「前科者」にならず、無事に帰札でき、ほっと胸を撫で下ろしているところです(笑)
    馬場温泉の湯はホントしびれました! おっしゃるように、嗅覚、視覚、触覚に訴えてくる湯質にノックダウンしました(笑顔)

    2011.01.18 22:23 URL | いっち #- [ 編集 ]

    おっ!ついに東北一人旅シリーズが始まりましたね!
    馬場温泉って初めて聞きましたが泉質が素晴らしそうですね
    アワアワって感じですか!
    東北の田舎は北海道よりも混浴が普通のような雰囲気があるので
    地元のおねえさんも「あんだ、札幌からえぐ来だな~」と
    喜んで受け入れてくれたのではないでしょうか!(笑)

    2011.01.19 12:49 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、どうもどうもです! 東北1人旅シリーズ(笑顔)は、これからまとめる所存です。随時ご笑覧いただければ幸いです。

    馬場温泉は、湯の良さで有名と聞き、訪れました。湯船に浸かった瞬間から、身体にアワアワがまとわりつく新鮮な湯に、うっとりしました。

    「隅っごで照れでないで、さっさどこっちさ来いさ」と、お誘いいただければ嬉しいですね(笑)
    私の妄想では、遭遇した地元のおねいさんは、仙台とか東京から「嫁いできた」風情ゆえに、湯小屋のドアをがらり開ければ「これだから、田舎者は困るのよ!」と一喝されたかも知れません~(苦笑)

    2011.01.19 22:59 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1828-87034bcb

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。