札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     「全国技能グランプリ・日本料理部門2位の料理」。こんな宿ホームページのうたい文句に誘われた。夕食・朝食ともに客室でゆっくり食せるのも魅力的。平日ならば1人客でも受け入れてくれ、宿泊料は10,650円。どんな塩梅だろうか。

    技を感じる旅館料理

    器の彩りも美しい夕食
     配膳された夕食は、奇をてらったメニューはなく、品行方正な「旅館料理」だった。だから、ぼんやり食べてしまえば「ありきたりですな」と受け止め、記憶に残らないかも知れない。

     よくよく目を凝らせば、もずく酢に添えられているキュウリに包丁細工が施され、後出しされた天ぷらの歯ごたえがサクサクだったりする。全体的に味付けがやわらかいので、年若い仲居に聞けば「化学調味料は一切使っておりません」という。食材は地のものを中心とした国内産にこだわり、すべて手作り。夕食メニューは月替わりらしい。

    さくさく天ぷら
     見た目の派手さはないものの、手間ひまかけている姿勢がうかがえ、心意気を感じる。贅をつくした料理を求めるならば、もっと宿泊料の高いプランを選ぼう。別注文で「和牛石焼ミニステーキ」1,050円も人気らしい。あと、地味に朝食が美味かった。

     そうそう、全国技能グランプリとは何か。主催団体は中央職業能力開発協会と全国技能士会連合会。昭和56年~平成14年まで毎年開催され、平成16年以降は隔年開催となっており、全国からいろんなジャンルの「プロ」が参加して技を競う。「日本料理」以外に「印章木口彫刻」「畳製作」「建築配管」「プラスチック系床仕上げ」など多数。渋い。

     この湯宿の料理長は平成11年の第18回大会で2位となった。それ以降も全国日本料理コンクール(日本料理研究会主催)、日本料理技能向上全国大会(日本全職業調理士協会主催)で、さまざまな賞を受賞している。宿リーフレットに「賞を取るのが目的ではなく、少しでも美味しいものをお客様に、との思いで頑張ってまいりました」と、料理長のコメントが記されていた。日々精進している謙虚な姿勢が素晴らしい。



    鳴子の真ん中 こじんまり

    昔は「不気味」と思っていた鳴子こけし。今は「かわいい」な。
     大正2年(1913年)開業だから、あと少しで100周年を迎える。23軒の湯宿がある鳴子温泉において、温泉街の中心に佇み、客室15室とこじんまり。フロントに申し出れば、共同浴場「滝の湯」の無料入浴券、「早稲田桟敷」の割引入浴券を入手でき、ぶらり温泉巡りも楽しめる。

    特色に乏しい風呂大崎タイムス(日刊・月2,100円)&河北新報 冬空ゆえに寒くて面倒だから、ずっと宿に籠りきりだった。ロビーで地元紙「大崎タイムス」を読み、飾ってある鳴子こけしを眺め、白い湯花が底に沈んでいる含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉の透明な湯にざぶり。

     馬場温泉から3キロメートル余歩き、ようやく到着した時に出迎えてくれた若女将の笑顔が優しかったのが印象的。滞在中はいい意味でほったらかしてくれ、気兼ねなく過ごせたな。

    フロント周り


    こんにちは~
    こちらの宿には全国技能グランプリ日本料理部門第2位の
    料理長がいらっしゃるんですか!
    なんだか凄いですね~
    いろいろ細かいところにまで手を加えている料理
    ボクはこういうのだとぼんやり食べてしまうほうかもしれません(笑)
    いっちさんのような食通さんにはわかるんでしょうね♪
    鳴子温泉はけっこう有名なので
    温泉街は賑やかそうなイメージがありますが
    実際はどうなんでしょう?

    2011.01.25 16:59 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、どうもどうもです!
    全国技能グランプリ2位・・・という情報を事前に知った上で食べたので、「どの辺が2位なんだろう」とうんうん考えながら食べました。何も知らなかったら、私もぼんやり食べていたハズです(苦笑)
    1万円前後の湯宿でしたら、こういう旅館料理よりも、漁師宿の刺身てんこ盛りや、女将さん手作りの家庭料理の方が特徴的で感動の度合いが高いかな、と思っています。もちろんケースバイケースですが。

    鳴子温泉駅を中心とした温泉街は、宿、商店、住宅が密集しておりますが、平日の冬のせいか人影はあまりなく、田舎町の風情でした。細い路地を地元民の車、トラックが結構走って、散策しているとヒヤリしました。

    車の通りが少なくて、鳴子温泉よりも鄙びている周辺の東鳴子温泉や中山平温泉が、個人的には好きだったりします~

    2011.01.25 20:54 URL | いっち #- [ 編集 ]

    お食事の評判を聞きつけてチェックはしておりましたが先を越されてしまいました(^^)。

    かく言う私、先の週末一年ぶりに雪の鳴子温泉郷を訪問し一泊。比較的規模の大きいホテル亀屋に宿泊、湯巡りして参りました。

    鳴子では、
    ・ゆさや旅館(日帰り3月末で終了)
    ・ファミリーじすい岡崎荘
    ・幸雲閣
    ・農民の家

    この中ではやはり農民の家インパクトが強烈でした。

    中山平では、
    ・菊池旅館
    ・しんとろの湯

    やや土類チックな単純泉が心地よかった菊池旅館は穴場かと。ご主人がお話し好きで楽しいかもです。

    2011.01.25 22:34 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、こんばんはです。大正館はやはり食事の評判が高いのですね!
    お先に足を運んでしまい恐縮です(笑)

    鳴子に行かれていましたか! 個人的には農民の家が気になっております。今回の旅で鳴子温泉駅の図書コーナーにて「農民の家50年史」をぱらぱら拝見し、これはぜひとも行かねば、の思いを強くしていた今日この頃です。

    菊池旅館・・・しかと記憶しました。鳴子温泉郷は魅力的な湯宿がたくさんありますね(笑顔)

    2011.01.26 21:23 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1833-27c6e8ad

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。