札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    玄関
     羽根沢温泉(山形県鮭川村)に湯宿が3軒ある。せっかくなので日帰り入浴した。300円。

    ロビー
     ロビーの囲炉裏に、冷水、お茶、黒豆の煮付け、新聞が置いてあった。

     羽根沢温泉の源泉は1つ。各宿、共同浴場ともに同じ湯が注がれている。

    温泉分析書 平成15年12月24日
    ・温泉地名 羽根沢温泉
    ・採水位置 鮭川村大字中渡1321
    ・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
    ・47.2度
    ・pH8.4
    ・蒸発残留物 2,957mg/kg
    ・溶存物質総量3,848mg/kg

    男性風呂

    浴室全景
     内風呂に細長い湯船が1つ。

    湯気だらけ
    湯口
     湯口は湯船の端っこにある。透明な湯が注がれる湯口付近が適温で、離れるほどぬるくなっていく。共同源泉を使用している中、湯船の湯は灰色がかっていて足先が見えにくい点が共同浴場や松葉荘とは異なる。つるつるした浴感は同じだった。

    男性脱衣所
     脱衣所前に掲示してあった山形県温泉協会の書式に沿った「当館の温泉表示」によると、加温、循環、殺菌を行っているそうだ。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1838-f08402ef

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。