札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     ベイエリアにどーんと君臨するラビスタ函館ベイ。「観光客がこっちに流れちゃって、湯の川温泉のホテルは客が減った」(地元タクシー運転手)なんて声も聞く。オープンから3年しか経っていないものの、函館を代表するホテルに躍進した感がある。要するに人気ホテルなのだ。

     前回1人で泊まってみて、客室の機能性、オレンジ色したしょっぱい湯、そして函館山を拝む眺望の良さが気に入り、つれを伴って再訪した。



    客室

    ツイン
    ウォシュレットトイレ&シャワーブース&洗面台冷蔵庫に無料のミネラルウォーター(500ミリリットル)2本
    館内着&寝巻タオル
    コーヒーミルコーヒーカップ
    サンダル ツイン24.6平方メートル。
     トイレ、シャワーブース、洗面台あり。
     タオル、歯ブラシ、館内着・・・手ぶらでOK。
    客室からの景色
     函館山側の客室だった。



    風呂

    ◆男性風呂

    函館山を望む浴室
    色艶が美しいサウナ完備
    洗い場は一つひとつ仕切りあり脱衣所
    露天風呂
    函館山が見える日本海も見える
    つぼ湯3つ


    ◆女性風呂

    内風呂
    露天風呂
    つぼ湯3つ


    ◆涼み処 そら

    眺望が良い
    無料アイス




    夕食

    夜の外観
     このホテル、基本的に夕食はつかないので(併設レストランで食すプランはあり)、街中で食べた。函館は美味しい食事処がいっぱいなので、こういう宿泊スタイルが楽しい。



    朝食

    海鮮丼、焼魚、三平汁、サラダetc.
    デザート バイキング形式。
     営業時間6時30分~10時まで。
    朝食会場の出入り口朝食券。案内文にちゃんと「8時以降は混み合う」旨の警告あり
    入口でスタッフに渡されたカード。これをテーブルの上に置いて意思表示するごちそうさまでした
     8時過ぎに2階朝食会場へ足を運んだら、10人強の行列だった。さすが客室数356室の人気ホテル。しかし回転が早く10分くらい待っていたら、席に通されたので一安心。

    朝食バイキングの一部。いくらは硬かった
     海鮮丼をはじめ、函館にこだわった朝食バイキングは非常に充実している。このホテルがブレイクしている理由の一つだ。



    雑感

    相乗りタクシー。フロントに事前予約を
     冬期間のみ、函館駅まで相乗りタクシーによる無料送迎サービスあり。ホテル→函館駅は徒歩10分くらいだが、冬の浜風は厳しいから助かる。

     じゃらんネットで予約。「【早割14】14日前の予約がお得♪朝食付」。アーリーチェックイン13時、レイトチェックアウト12時。1人9,750円。じゃらんポイント利用で1人8,800円に。

     おしゃれな雰囲気で、眺めも良く、湯にパンチ力がある。夜は函館の街中に繰り出し、ご当地グルメを味わえば、「ああ、異国情緒あふれる函館を思いっ切り堪能できました」と満足すること請け合い。休前日の稼働率がほぼ100%なのも頷ける。

     ちょっぴり気になった点。客室のテーブルやイス、ベッド台がダークブラウンなのだが、オープンから3年で早くも傷だらけ。安普請さを際立たせた。夜になれば間接照明で目立たなくなるので、問題はない。
     あと、夜のフロントで外来客にバスタオルを渡していたので、「あれ、日帰り入浴を受け付けているのかな」と聞けば、姉妹ホテル「ドーミーイン函館五稜郭」の宿泊者だそう。

    こんにちは!
    なかなかいいホテルですね
    函館の夜の街を楽しむにはとってもよさそうです
    湯の川の宿に宿泊すると夜の街に出るのが面倒になっちゃうかもしれませんから
    でも本当は日本風の湯宿のほうが好きです(笑)
    こちらの露天風呂は随分沢山の湯船があるんですね
    景色がとてもよさそうな感じがします♪
    函館山が眺められるみたいですね~
    朝食バイキングもとっても美味しそうです!
    海産物がいっぱいで朝から呑みたくなっちゃいますよ(笑)

    春ですね~
    知人から大量の筍が届きました
    昨夜の我が家の夕食は筍づくし
    旬のものはやはり美味しいですね~♪

    2011.04.28 13:50 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、とっても快適なホテルでした~

    おっしゃるように、湯の川温泉に泊まれば、函館市街まで足を運ぶのが面倒ですよね。
    このホテルはベイエリアにあるので、美味しい食事処がたくさんある函館の夜の街を楽しむのに、便利な立地とオモッテマス。
    それでいて、濃厚&眺望の良い風呂を味わえ、なおかつ、朝食バイキングもレベルが高い(湯宿だいいちほどではありませんが)も好印象でした。

    筍ですか~ いいですね、春の使者という感じで(笑顔)
    北海道はなんだか寒くてコート&ストーブが手放せません~

    2011.04.28 20:57 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1885-a4a107ce

    | ホーム |