札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    外観
    アヨロ近く宣伝旗
    国道36号沿いの看板もリニューアル看板はすべて新品に
    アヨロマット アチコチで「アヨロ温泉」をアピールしており、独特のアクの強さは変わらないなあ、とニッコリする。



    温泉

    アヨロ源泉地
     温泉分析書 平成22年1月7日
    ・アヨロ温泉(白老町虎杖浜154番地の1)
    ・48.0度(動力揚湯)
    ・無色澄明、無味、無臭
    ・pH8.3
    ・成分総計1.579g/kg
    ・蒸発残留物1.467g/kg
    ・ナトリウム-塩化物温泉

    アヨロのれん
     日曜日の午前、つるり泡付きの黄色っぽい湯を楽しむ方々で賑わっている。露天風呂があったものの、狭い。

     入浴時間6時00分~21時00分(最終受付20時30分)。420円。休憩室利用(9時00分~19時00分)の場合、入浴+休憩=500円。券売機で購入する。



    休憩

    休憩パス 入浴+休憩=500円の場合、フロントで休憩室利用を証明するパスをもらう。
     帰る際に返却する。
    有料休憩室
    木枕飾り物


    惣菜
    アヨロ惣菜
     名物の惣菜は、健在だった。


    いくら丼(小)500円

    アヨロいくら丼(小)500円
    メニュー表
     食事提供は11~14時まで。



    バス停「虎杖浜」
    JR北海道
     最寄りのバス停まで歩いて10分かからない。苫小牧→登別温泉行きのバスに乗り、登別駅で降りる。JRで札幌へ帰った。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1894-10cfef2f

    | ホーム |