札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     大きな駐車場にレンタカーを停め、のれんをくぐる。

    東屋外観



    もり630円
    もり630円


    かけ630円
    かけ630円


    かしわぬき(スープ)580円
    かしわぬき(スープ)580円




    100年以上の歴史

     東家は伊藤家が代々継承しており、歴史は100年以上前にさかのぼる。

    座席料300円で食せる母屋
     明治初期に小樽で「やまなか」の屋号で産声をあげ、その後「東家」へ名称変更。函館に移転するも大火で店が全焼。心機一転、釧路へ移り住み、表具師として開店資金を貯めて1912年(明治45年)に「東家」をオープンしたそうだ。のれんわけした店は、釧路30店をはじめ、札幌などを合わせ道内40店くらい。

     店舗はテーブル席しかなかったが、裏手に渋い母屋と日本庭園があり、聞けば、座敷料300円(1時間)を払えば、こちらの座敷でも食せるそう。どうせだったら、こっちで食べたかった。思いつきで足を運んだのでリサーチ不足でした・・・

     緑っぽい色の藪そばが特色。その昔、そばの実がくたびれてくる夏場に、そばもやしをすった汁を混ぜ、新そばのような緑がかった色に似せていたという。こうした伝統を引き継ぎ、現在はクロレラの粉を混ぜて着色している。好みは分かれそうだが、これも釧路のソウルフードと言えそう。

    かけそば完食
    「当店名物」メニュー
    ・かしわぬき(スープ)580円
    ・かしわぬき種仕込み(スープ)1,100円
    ・蘭切りそば800円
    ・茶そば900円
    ・そば寿司650円
    ・天ざる1,650円
    ・無量寿そば(岩井の健康食品 純正黒胡麻油入り)810円

     全体的にボリュームは控えめ。

     このほか、一般的なそばメニューあり。

    竹老園 何時かはと思っているお店 緑色はクロレラでしたたよね 道内各ある東家の総本山 雑誌等で見る佇まいに痺れております。

    行き当たりばったりの旅 リサーチ不足で悔しがることも次回に繋がる原動力でしょうか(苦笑) 私は何時も家で「アッチャーそうなの! 痛恨のミス」と嘆く連続 

    2011.05.10 22:42 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    十年くらい行ってないのが甚だ遺憾ですが、確か「蕎麦コース」を頂きました(非常に混んでいてやっとテーブル席でした)。
    生姜風味のそば寿司も美味かったです。

    食後は春採湖畔の六花亭にお立ち寄りでしょうか?(^^)

    2011.05.11 00:15 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    いわさん、こんばんはです! のれん分けされた札幌&釧路の店は経験ありでしたが、総本山は初めてでした。
    おっしゃるように渋い店舗が北海道らしからぬ感じで良いですね。
    でも、そこで食べる術を知らなかったゆえに、後から知って、つれに「リサーチ不足」と皮肉られて・・・(苦笑)
    失敗を重ねてこそ、成長につながります!?
    「失敗は成功のもと」ということでお互い前向きに旅しちゃいましょう(笑顔)
    行き当たりばったりの旅も、やっぱり楽しいです~

    2011.05.11 20:21 URL | いっち #- [ 編集 ]

    駅前旅館さん! コースを楽しまれましたか。
    お品書きによれば、4品(かしわぬき、蘭切りそば、茶そば、そば寿司)=2,700円でした(笑顔)
    座敷料300円を払って、渋い母屋の座敷でビール片手にコースを堪能してみたいです~

    春採湖畔の六花亭! はじめて知りました。ご指導ありがとうございます(笑顔)
    JRと宿だけ予約して、あとは風任せの旅でした~

    2011.05.11 20:22 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1903-cfa70f71

    | ホーム |