札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    味噌だる

    温泉分析書 平成17年6月28日

    ・屈斜路温泉(源泉名 森の湯)
    ・湧出地 弟子屈町字美留和1番20
    ・泉温70.2度 毎分130リットル(動力揚湯)
    ・無色透明、無味、無臭
    ・pH6.6
    ・蒸発残留物1.188g/kg
    ・成分総計1.904g/kg
    ・ナトリウム-炭酸水素塩泉

     道立保健所シールによれば、湯に一切手を加えていない。

     平成3年の温泉分析書と比べると、湯量が毎分20リットル少なくなっている。

     夜通し入浴OK。日帰り入浴はやっていない。

    女性風呂

    内風呂
    シンプル
     リンスインシャンプー、ボディーソープ。

    内風呂ドアの向こうに露天風呂
    露天風呂の左奥にミルクタンク。男性の露天風呂用として使う予定
    内風呂方向を望む
     ぬるめの露天風呂は、木の蓋を開けて入浴。終わったら再び蓋をする。

    脱衣所に洗濯機あり




    男性風呂

    内風呂
     女性浴室と左右対称のデザイン。露天風呂はお休み中。



    美想の湯

    美想の湯
     宿の玄関を出て、雑木林の中に味噌樽を活用した露天風呂がある。

    手前が脱衣所


    ぱぴりお


    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2011.06.03 15:16  | # [ 編集 ]

    鍵付きコメントさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
    下手な温泉旅館よりも、お風呂が充実したペンションでした!
    味噌樽の露天風呂に浸かり、私の心はまろやかに熟成されたようです(笑顔)

    日の出がすっかり早くなり、4時前には明るくなってきますが、
    それに合わせて目が覚めてしまい、寝不足気味の今日この頃です(苦笑)

    2011.06.05 07:40 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1915-42d12aac

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。