札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     土曜日に泊まると、たいていの湯宿は宿泊客で賑わっている。きっと平日は空いているはず。そのタイミングで泊まれば、どこもかしこも貸し切り状態で良いなあ。

     品行方正に生きていれば、妄想は現実に変わる。休日出勤が続く代わりに平日(金曜)の午後から休みをもらった。「よし、行こう」と、札幌駅13時51分発のすずらん4号に乗り、登別駅で下車。タクシーで民宿500マイル(白老町)にチェックインする。

    太平洋を拝める貸切露天風呂
     これまで掲示されていなかった温泉分析書を発見(以前は手製の簡易なものだった)。

    温泉分析書 平成20年6月19日
    ・源泉名 柏透湯温泉
    ・湧出地 白老町字虎杖浜7番地
    ・46.6度 毎分300リットル(動力揚湯)
    ・無色 澄明 無味 無臭
    ・pH8.4
    ・蒸発残留物1.023g/kg
    ・成分総計1.113g/kg
    ・含硫黄-ナトリウム-塩化物泉

     湯に手を加えていない。ただし、冬期間の露天風呂は、加温することもある。道立保健所シールでは「4項目のうち該当する項目の表示について確認」。

     泊まらないと入浴できない貸切露天風呂にじっくり浸かっていると、細かい気泡がまとわりつき、肌触りはほんのりツルツルする。「あれっ、こんなに良い湯だったんだ」と改めて感動しきり。

    客室

    外観
    1階大漁
     こざっぱりしている客室。



    夕食

    毛ガニ
    いかしゃぶ
    刺身
    ホッケ煮
    チャンチャン焼き
    豆腐
    小鉢
    ごはn
     手作りで美味い。



    ねこ

    めんこい(笑顔)
     宿に3匹のねこがいる中、えびちゃんだけが人を恐れず「抱っこ」にも応じてくれる。



    朝食

    朝食
     いただきます。



    家庭菜園

    太平洋に面する家庭菜園
    無料でもらった無農薬の野菜
     女将さんに申し出れば、家庭菜園で育てた無農薬野菜を無料でくれる。

     客は私を含め2組4人のみ。やっぱり平日(金曜)に泊まると、空いているなあ。

     手作り感あふれる食事を部屋食&太平洋を拝める貸切露天風呂&飾らない女将さんとの会話を味わえて7,700円だから、ついついリピートしちゃう。6回目の宿泊だった。

    ◆過去に泊まった時の感想
    2008年11月
    2007年1月
    2005年8月

    こんにちは~
    白老の民宿ですか!
    ツルツルしたお湯が素晴らしいようですね
    太平洋を眺める貸切露天風呂いいですね~
    こんなところでマッタリしたいです
    料理もなかなか美味しそうですし
    いい民宿ですね~♪

    こちらは暑いですよ~
    今日は34℃になったみたいです
    今からこれですと真夏が思いやれらます
    北海道は涼しくていいですね~
    先日、涼を求めて山梨県にある知人の別荘に行ってきました
    近くに温泉があったので立ち寄り湯しましたが
    めちゃ気持ちよかったです
    ちょっと混んでましたけどね
    http://benitubaki.com/index.htm

    2011.06.29 15:25 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、どうもどうもです~
    こちらの民宿は、ロビーとか食堂とか、パブリックスペースがないものですから、
    夕食&朝食は部屋食ですし、露天風呂、内風呂2つは、いずれも貸切ですし、
    いわゆる「お籠りの湯宿」だったりします。
    本州だったら、そういうコンセプトで2~3万円する宿もあるかもしれませんが、
    ここは福沢諭吉1枚でおつりが来ますから、私は気に入ってます(笑顔)

    山梨! ナイスな知人がおられて羨ましいです(笑顔) 温泉も「世界的にきわめてユニークなアルカリ性温泉」とアピールしており、気になりますね~
    札幌も暑く感じますが、東京界隈に比べれば甘いのでしょうね。夜は涼しくて、窓を閉めて寝ています。もちろん冷房はつけてません。北海道は過ごしやすいと、改めて実感しております!

    2011.06.30 19:59 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1932-f0214abd

    | ホーム |