札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     白濁した硫黄泉を味わえる登別温泉に、湯宿は14軒あるものの、客室数100室以上の大型ホテルが目立つ。だから「団体客がわーきゃー大騒ぎする歓楽型温泉地」なんて、したり顔で思うのも無理からぬところ。でも、よくよく目を凝らせば「オトナが静かに楽しめる湯宿」も少なからず存在している。

     滝乃家望楼NOGUCHI登別といった高級路線はいささか高いので、1万円台の良宿と尋ねられれば、花鐘亭はなや(21室)、滝の家別館 玉乃湯(24室)、そして御やど 清水屋(41室)を推す。例えて言えば、札幌市民が近場で親孝行する際、「ここだったら連れて行っても恥ずかしくない1万円台の湯宿」だ。
     しかし、貴殿の親が「メシはこだわらない。秘湯が何よりも大好き」という年齢の割にニッチな嗜好であれば、登別温泉の湯宿そのものをスルーしちゃった方が、客も湯宿も幸せだろう。


    地道なもてなし 積み重ね

    門構え
    客室
     御やど 清水屋は4年振り2回目の投宿だった。和風でこぎれいな佇まいは変わらず。何より着物姿の仲居さんが、かいがいしく接客してくれる点がスバラシイ。
     チェックイン後すぐの湯上がり後、ロビーで新聞を読んでいたら、「(湯上がりで)暑いところですが、良かったらどうぞ」と、蓋の付いた湯のみ茶碗で熱いお茶を提供してくれた。
     夕食、朝食ともに部屋食ゆえに、仲居さんは客室まで何度も足を運んでくれるから、ポットの湯、お茶っ葉、灰皿はその都度、交換する。
     夕食の際に「以前、お泊まりいただきましたので、板長からサービスです」と、お品書きにない1品をサプライズ提供してくれた。
     こうやって、文字に表せば、たいしたことない印象だが、あちこち泊まった経験から言うと、これってありそうでなかなかない。湯宿の心意気というものは、マスコミ受けするような派手な演出ではなく、こういう地道なもてなしの積み重ねなのだな、と痛感する。

    露天風呂
    風呂
     登別温泉街に佇む温泉銭湯の夢元さざり湯で「1号乙泉」を味わっていれば、こちらの1号乙泉は加水のせいかちょっぴり薄く感じる。でも仄かに硫黄の匂いを感じられるし、適温で長湯できるのは嬉しい。


    割烹料亭の矜持

    夕食
    朝食
     もともとは1942年(昭和17年)に創業した割烹料亭だけに、食にこだわっている。夕食朝食ともに部屋でゆっくり味わおう。

     味わったプランは、平日で通常16,950円のところ、なんと10,000円ジャストで提供していた。ただし、土曜に泊まれば、2,000円アップするので、1人12,000円なり。

     販売元(ネット予約)の、ぐうたび北海道「【大満足1万円】厳選 美味会席膳プラン」は、特典として夕食時に特製銘酒セットがつくというが、生ビール、グラスワイン、ソフトドリンクへのお取替えも可能。おそらく、このプランはゴールデンウィーク明けの閑散期対策としてアピールしていたのであって、通年販売していないようだ。この先、お目にかかれるかどうか分からぬくらい、激安な価格帯と思う。

     12,000円でこのハード、もてなし、食事の内容は、お得すぎて声が出ない。しかしまあ、一度、安すぎるプランで泊まってしまえば、なかなか通常料金で泊まるのは勇気がいるような、そんな老婆心を感じるのは私だけだろうか。

     いずれにしても、通常料金であっても、札幌からオトナ旅or親孝行のためにチョイスする分には、いい感じの湯宿と強調しておく。「大きく外さない湯宿」という意味で。

    こんにちは~
    登別というと第一滝本は子どもの頃から何度も行ってるんですが
    他は殆ど行ったことがないんですよ
    グランドホテルに1回行ったくらですかね~
    こういったところもなかなか落ち着いた感じでいいですね
    食事がよさそうだと思ったら割烹料亭だったんですか
    平日1万円は魅力的です
    大人の湯宿といった感じでしょうか♪


    先日、宴会旅行で熱海のこんな宿に行ってきました
    http://www.suiyotei.com/
    建物がちょっと古い感じでしたが
    海の幸がとっても美味しかったです
    熱海は大型ホテルがどんどんなくなり
    かなり寂れてきていますが夏場は家族連れで賑わうようです
    今はリゾートマンションが増えてますね
    翌日ボクはあんなトコやこんなトコに行ってみたかったのですが
    周囲の賛同を得られませんでした
    http://www.ataminews.gr.jp/kankou/23.html
    http://www.ataminews.gr.jp/geigiren/hananomai/index.html
    皆さんが行きたかったのはこんなトコでした(笑)
    http://www.atami-hihoukan.jp/

    2011.07.09 10:33 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、どうもどうもです!
    札幌もすっかり夏めいてきました(笑)
    登別と言えば、第一滝本館の存在が大きいですよね。歴史もありますし。
    清水屋は、和風旅館の佇まいだけに、オトナが静かに楽しむ感じでした!
    夕食朝食が部屋なので、小さな子ども連れの3世代でも落ち着けそうです。

    熱海!!! まるで第一滝本館のようなビッグ風呂ですね(笑顔)
    自家源泉7本というところもナイスです。
    海を見ながら露天風呂につかり、新鮮な刺身に舌鼓・・・
    あなどれないですね、熱海は!

    団体旅行で温泉地を楽しむならば、私も秘宝館を推すかも知れません(笑)
    でも、秘宝館の閉鎖が相次ぎ、確か全国に一ケタしか存在していないような、
    そんな話を聞いたことがあります。
    熱海の秘宝館はまだまだ元気そうですね(笑顔)

    2011.07.09 10:59 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっち様

    ご指摘の対価と内容の関係、毎度悩み続ける難題ですが、「大きく外さない湯宿」という選択肢を保持しておけるのは貴重なことだと思いいます。

    久しぶりにこういうお宿に泊まってみたいです。

    和友様

    熱海といえば「福島屋」さんも宜しくです(^^)


    2011.07.12 23:01 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、こんばんはです。
    お高い宿泊料を出せば、その分だけ満足できる・・・というわけでもない昨今ですよね(笑)
    通が喜ぶ、という宿ではないかも知れませんが、こういう安定感のある湯宿、好きですね~

    熱海の福島屋、思い起こせば駅前旅館さんに教えてもらい、日帰りしました。
    いつの日か泊まりにチャレンジですね(笑顔)

    2011.07.14 21:53 URL | いっち #- [ 編集 ]

    夏休みに初めて北海道を訪れます。
    九州では食べられない北海道の「食」を楽しみにしています。
    こちらのサイトでは沢山の温泉宿を紹介してくださっていて、とても見ごたえがあり大変参考になります。ありがとうございます!

    「登別温泉に行ってみたい!」という母(もう70近いです)のリクエストで、登別温泉で一泊を考えていますが、函館で大型ホテルに宿泊予定なので、登別では「食事のおいしい小ぢんまりとした温泉宿」がいいかなあ、などと考えているところです。父母・夫と私・娘(中学生)の5人旅です。

    「花鐘亭はなや」か「御やど 清水屋」にしよう、と、ここまで絞れたものの、どちらもお料理がおいしそうで他の違いがはっきりとわからず、決めかねています…。

    もしも、いっちさんが「多分登別温泉に泊まるのは一生に一回」だとしたら、どちらのお宿を選びますか?(または、全く別のお宿?)両方にお泊りの経験がおありの方にお話をうかがえたらと思い、書き込みをさせていただきました。

    まだ先のことですので急ぎません。お時間のある時に教えていただけましたら幸いです。

    2016.05.03 15:31 URL | 悩めるメルル #fa8apHSU [ 編集 ]

    悩めるメルルさんへ

    はじめまして。初めての北海道&親孝行の旅となれば、ぜひ成功させたいですよね。
    「一生に一回の登別温泉」で泊まるべき宿は「花鐘亭はなや」or「御やど 清水屋」・・・
    正直申しまして甲乙つけがたく、ムツカシイご質問です~(笑顔)
    まずは、宿の特色を考えてみました!

    【立地】
    間欠泉のある泉源公園、地獄谷、温泉街により近いのは、清水屋です。
    はなやは温泉街の入口に位置しており、温泉街まで徒歩で行くのであれば、
    少々の坂道(ホントに少々です)を歩きます。

    【ハード】
    はなや21室、清水屋42室というように、清水屋の方が大きいです。
    ロビー周りは、清水屋の方が広いです。

    【お風呂】
    はなやの浴室は、内湯&露天風呂ともに2~3人入ればいっぱいな広さ。
    男女浴室ともデザインが少々異なり、夜中に入れ替えます。
    清水屋の男女浴室は、かなりデザインが異なり、片方は内湯のみです。
    はなやに比べれば、少々広いですし、夜中に男女を入れ替えます。

    【夕食】
    両方とも部屋食(夕食、朝食ともに)。
    清水屋は正統派な和食メニューとすれば、
    はなやは洋の味わいを感じるメニューが散見されます。

    やはり甲乙つけがたいです(笑顔)
    その上で、3世代5人でお泊まり、という状況であれば、
    ワタシは清水屋をオススメしたくなりました。
    5人でお泊まりするのであれば、
    こじんまりしつつも、ロビー周りやお風呂のゆとりがある清水屋の方がイイかなと。

    あとは宿泊料金次第ですね。
    電話予約するのであれば、両方の宿とも最低料金は16000円程度です。
    じゃらん、ぐうたび北海道などのサイトを通じた予約は、時期によっては安いケースも散見されます。

    結論ですが、ワタシのお返事は、3世代5人でお泊まりならば、清水屋です。
    夫婦2人ならば、はなやを推してます。

    あくまで参照程度と受け止めてくださいませ。宿選びのセンスは非常にデリケートなので(笑顔)
    よき旅になることを祈念しております。
    ご訪問ありがとうございました。

    2016.05.05 22:37 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさま

    お忙しい中でしょうに、詳しくお話をお聞かせ下さってありがとうございます!

    いっちさんが書いてくださったことを読めば読むほどどちらも素敵で、甲乙つけがたいのですが、女性3人で一緒にお風呂に入りに行ったとき、他のお客様もいらっしゃるでしょうから、「はなや」ですとちょっとゆっくりはいりづらそうだな…というところが気になりました。

    というわけで、今回は清水屋さんに早速予約しようと思います!(あちこち見れば見るほど、どこも素敵に見えてきて、価格帯が違うので比較対象ではないのでしょうが、「花ゆら」にも惹かれはじめています(苦笑))

    いっちさんのおかげで北海道に行くのがより楽しみになりました。大変丁寧なアドバイスをくださってありがとうございましたm(_ _)m

    2016.05.06 18:43 URL | 悩めるメルル #- [ 編集 ]

    悩めるメルルさんへ

    清水屋に選ばれるようで、楽しい旅になるよう改めて祈念します。
    たくさんお金を払えば、いろんな温泉宿に泊まれますよね(笑顔)
    しかしながら、そうもいかないので
    限られた予算の中で、どう楽しむか・・・
    いずれにしましても、登別温泉でのご滞在が楽しいひと時で
    ありますように(笑顔)

    2016.05.07 14:51 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1940-f0b72489

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。