札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     内地の湯めぐりは新鮮でとっても楽しいが、札幌からそうそう足は運べない。1泊2日で気軽に味わえる普段着の湯宿は、居住地から片道2~3時間が限度だろうか。あまり移動時間が長いと、どうしても疲れてしまう。

     普段よりちょっぴり遅く起きた土曜日。ぐずぐず旅支度しつつ昼頃に旅立って、15時までにチェックイン。ひとしきり湯浴みを楽しんだ後、再放送の2時間ドラマを見るともなしに眺める。時計をみると17時30分。あれっ、そろそろ夕食じゃん。身体も冷えてきたし、ザブンとひとっ風呂だけ味わおう。

    庭から望む外観
    客室
     個人的には、JRで1時間ちょっとで行ける登別温泉の距離感がちょうど良い。湯宿は「花鐘亭はなや」。宿泊料は15,800円が標準だが、たまに12,750円の部屋が空いているケースがある。それを狙って行くとお得感が増す。



    懐石風の夕食

     なんと言っても料理がいい。複数回にわたって、アツアツ出来たてを客室まで運んでくれる。料理人が素材にいろいろ手を加え、見た目にも美しい懐石風料理は、素材そのままをどーんと提供しがちな北海道の湯宿にあって、珍しいと言えそう。

    食前酒
    前菜
    吸物
    造り
    焼物
    蒸し物
    酢の物
    洋皿
    おまけ
    鍋物
    食事
    でざあと




    朝食
     夕食が豪華ならば、朝食はトーンダウンしているケース、けっこう遭遇する。でも花鐘亭はなやは手を抜かない。見た目は地味かもしれないが。



    外観
    風呂
     内湯・露天風呂ともに家族風呂のような狭さだし、秘湯めいた風情もない。全21室の館内はこぎれいだけど、ちっちゃい造りで開放感がない。

     それでもいい。女将さんやスタッフの歓待があって、春夏秋冬でメニューを変える料理人こだわりの懐石風料理に舌鼓を打つ。登別温泉でもっともメジャーな「1号乙泉」が注ぐ湯舟に浸かり、白濁した硫黄泉に抱きしめられれば、日ごろのモヤモヤが吹っ飛ぶこと請け合いだ。


    2008.10.05 花鐘亭はなや・雑感
    2006.02.12 花鐘亭はなや・雑感(下)
    2006.02.12 花鐘亭はなや・雑感(上)

    拍手コメントをいただいた〇〇さん、はじめまして。コメントありがとうございます!

    湯宿選びの際、当ブログを参照いただいていると伺い、とっても嬉しい気持ちになりました(笑顔)

    また遊びに来て下さい~

    2011.08.30 21:56 URL | いっち #- [ 編集 ]

    お久しぶりです震災後は初めての書き込みです 日曜日ついに定山渓翠山亭倶楽部に泊まってきました部屋は普通の和室でしたが料理は懐石料理二万円料理コースですごく贅沢な最高の料理でしたよ
    従業員さんもとても親切で応対も一流でした
    送迎してくれますのでお風呂は本館にも入ってきました 部屋の檜風呂もとても良かったです ただ廊下が迷路みたいな感じがしましたが以前は銀行の保養所だったそうです 宿泊客は夏は道外の人が多いそうです さすがは北海道屈指の人気の宿ですね冷蔵庫の北海道限定キリンガラナも初めて飲んだのですが美味しかったです 
    今度は支笏湖の翠山亭に泊まってみたいです
    7月は岩手の繋温泉ホテル紫苑に泊まってきました来月は山形天童温泉に泊まってリフレッシュして来ます

    2011.08.31 12:40 URL | 宮城のカンタ #- [ 編集 ]

    はじめまして。
    7月の上旬ころ、夫と温泉旅館に泊まりたくてネットサーフィンしてたどり着きました。
    とても細かい観察眼と写真、わかりやすくツボを押さえた文章で、
    ものすごくイメージしやすく、ありがたかったです。
    それ以来、このHPを覗くのが日課になっております。
    私も札幌在住で温泉大好きですが、いつも日帰り入浴ばかりなので、
    年に2度くらいは落ち着いて温泉旅館に泊まりたいですね。
    残念ながら夫との温泉旅行は流れてしまいましたが、
    チャンスはこれからまだまだあるでしょうから、
    その時はまたお世話になります。

    2011.08.31 13:57 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    【宮城のカンタさん!!!】
    東日本大震災後、音信不通だったため「もしかして・・・」と、密かに御心配しておりました。
    とってもお元気そうでなによりです(笑顔)
    定山渓翠山亭倶楽部! 念願かないましたね(笑顔)
    満足されたお話を拝見しつつ、私もいつも日か再訪したく思いました。お値段、それなりにお高いですが(笑)
    岩手、山形・・・どんどん泊まりに行って楽しむことが、復興に直結するのかな、なんて感じました。
    お互い湯めぐりを楽しみましょう(笑顔)

    2011.08.31 21:01 URL | いっち #- [ 編集 ]

    【りきりきさん】こちらこそ、はじめまして。
    同じ札幌市民&温泉大好きの方に、このブログが少しでもお役にたてれば、
    こんなに嬉しいことはありません!
    過分なるコメントをいただき、なんだか舞い上がっております(笑)
    今回は泊まれなかった分、次にお泊まりするときは
    かなりテンションが上がって、きっと楽しいですよ(笑顔)
    また遊びに来てください~

    2011.08.31 21:02 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんにちは~
    北海道は雨が凄そうですね
    何だかボクが帰京してからはずっと悪天候のようで
    ボクはやっぱり晴れ男だったのかもしれません(笑)
    登別ですと第一滝本館と登別グランドホテルしか泊まったことないんですよ
    こちらは大人のお宿といった感じですね
    懐石料理がとても美味しそうです
    湯船が小さいようですが時間をずらせば一人でゆったり浸かれそうですね
    白濁した硫黄泉大好きです♪
    夫婦二人で宿泊というのがよさそうな感じがしますが
    いっちさんにピッタリでは(笑顔)
    これで12,750円だとお得感がありますね~
    最近は夫婦二人で旅することがなくなりました(笑)

    2011.09.06 15:06 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さんへ

    晴れ男の和友さんが北海道からいなくなって以来、
    こちらは大変なことになっています~
    札幌市民の憩いの川である豊平川がエライことになっていますので。
    それは冗談として(笑顔)
    はなや、登別の湯宿において、オトナがしっぽり楽しめる感じとオモッテマス。
    狭いお風呂ながら、夕食前と朝食前をのぞけば、
    ほぼ貸し切り状態と、経験上申し伝えます。
    ホント硫黄泉っていいですよね。関東圏ならば、箱根がいちばん近いでしょうか。
    オクサマのご機嫌をとる上でも、湯宿めぐりは止められません(笑)ので、
    和友さんにも激しくオススメします(笑顔)

    2011.09.06 22:49 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1969-f6e18c78

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。