札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ずんどまり
     2011年(平成23年)4月、稚内駅は新しく生まれ変わった。「最北端の線路」と銘打った名物看板は、駅舎内から窓ガラス越しに眺められる。 

    日刊宗谷8月9日(火曜) 駅そば「そば処宗谷」がやっぱり閉店していた。旅人以上に地元客に愛されていた名店と聞いていたのだが。

     そんな中、「駅そばがなくなったままではモッタイナイ」という地元有志の手により、稚内みなと南極まつり(8月6~7日開催)で2日限定ながら、往年の駅そばがふるまわれたそう。
     作ったのは、1989年(平成元年)創業から閉店までの22年間、駅そばを作り続けた女性スタッフだから、ホンモノの味だ。

     「駅そば 束の間の復活」の見出しが、地元紙「日刊宗谷」で力強く踊っていた。また、何かのイベントで復活してくれれば、足を運びたいな。
     

    仮設のふじ田食堂
     駅に併設していたふじ田食堂は、プレハブ小屋にて、絶賛営業中。聞けば、2012年(平成24年)春に完成する稚内駅前再開発ビルにテナント入居するそう。

     古くて味わいがあるものがいいな、って無責任に思ってしまうのだが、老朽化に伴い、いろいろ不都合も生じるのだろう。なにはともあれ、いい感じにリニューアルしてね、と、これまた何の責任も無く祈るばかりだ。

    「そば処宗谷」現実を見ちゃうと残念ですよね ふじ田食堂は入居予定なのかーやはり地方の駅そばは今後厳しい時代 建替えとかもそうですが、コッソリと店を畳むこともあり厳しいっすね

    「かに爪弁当」良い彩りですね 最北の旅楽しみにしています。 

    2011.09.29 21:36 URL | いわ #GYDvwQPg [ 編集 ]

    いわさん、こんばんはです!
    ご存知の稚内駅の駅そばは、やっぱり撤収していました・・・
    北海道の駅そばは、縮小する傾向ですが、
    東京界隈は拡大・充実していると聞きますので、
    つまるところ、ペイできるだけの客数がいるかどうか、
    に尽きますよね。 

    駅弁、美味かったです(笑顔) ふじ田食堂は存続の方向で、
    嬉しかったです!

    2011.09.29 22:00 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1990-a6eb126e

    | ホーム |