札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     ちょっと前まで、週末は仕事だな、と思っていたのだが、なんだか急に旅立ちたくなった。スケジュール調整の上、唐突に出した有給の届け出はすんなり認められ、ラッキーと感じる一方、会社的にはじわり戦力外なのかしら。まるで映画「釣りバカ日誌」のハマちゃんのように。
     でも、ハマちゃんは仕事をさぼって釣りやパチンコをやりながら、でかい営業を次々と取っていたな。

    札幌駅前バスターミナル
    ニセコ号
     うーん・・・ まあ、いまさら思い悩んでも仕方ないので、仕事のことはリセットしつつ、これはもう1泊2日のニセコ旅を1人で思いっ切り楽しましょうと割り切って、高速バスで札幌から小樽経由でニセコを目指す。

    ・札幌駅前バスターミナル08時25分

    余市辺りの日本海
    黄金色の水田
     車窓から「鈍色の日本海」や「黄金色の稲穂」を眺め、ああ、秋だなあと感じる。

    倶知安十字街
    ・倶知安十字街10時49分 (片道1,780円)

    前経産相
     このポスターは決して唐突ではない。高速バスが疾走した国道5号沿いにポスターが散見され、倶知安町市街地を散策していても、複数出くわした。

     バスで降り立った倶知安町や、今宵の湯宿が佇むニセコ町を含む後志管内、そして札幌市手稲区は、衆議院小選挙区の「北海道第4区」。2年前(2009年)の総選挙で、この方を輩出(3選)しているから、地元支持者は応援しているのだ。

     9月2日の就任から、たった9日で経済産業大臣を辞した背景は、福島第一原発の事故に関する失言うんぬんと言われているが、いささかヒステリーなマスコミ報道が先行し、むりやり「辞任やむなし」な世論を形成してしまった感じを受け、ひょっとしたら「脱原発」の姿勢を見せたため、「原発推進」の勢力から「消された」と勘ぐってしまう。
     自身の選挙区である泊村に原発が鎮座する中で、将来的には国内の原発をなくすとの主張を聞き、はてさて地元との折衝はどうなるのかな、と注目していたのだが。

     話の裏を取っていないノンポリ(nonpolitical)の与太話はここまで。
     お腹が空いてきたので、倶知安町の街中でランチタイムへ。

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2011.10.01 16:05  | # [ 編集 ]

    鍵付コメントさん、コメント感謝申し上げます。
    ポスターの方、つながりありですか!(笑顔)
    なかなか評するのもムツカシイですね・・・

    それはそうと、ニセコ!
    札幌から車だったら近いのですが、
    JRorバスだったら、微妙に遠い感じと思ってます。
    なので、これまであまり経験がない中、
    今回おもいきって行ってみました。
    1人旅だと話し相手がいないので寂しいですが、
    フリーに動けるので、これはこれで良いと痛感です(笑)

    2011.10.01 23:00 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1992-fac9cf0a

    | ホーム |