札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    露天風呂で天の川

     「きょうは天気が良いので、天の川がきれいに見れますよ。露天風呂からぜひ楽しんでください」。チェックイン時に、温和な支配人が人懐っこく語りかけてきた。

    天の川
     嘘じゃなかった。確かに見えた。標高750メートルの山宿だけに、遮るものはなにもない。漆黒の夜空にきらめく星を目の当たりにして、その数の多さにびっくりする。

    男性露天に、こんな看板
    青くて白い湯面
     青白い自家源泉で60度余の湯は、ちょっぴり加水しているから、適温で長湯できる。露天風呂の湯にプカプカ浮かびながら、いつまでも星空を眺めた。

     天気がイマイチだったら、天の川に出会えないものの、きれいな色合いの「にごり湯」に抱きしめられただけでも、ニッコリな感じ。



    古き良き山小屋

    まさに「山の家」な佇まい
    ロビーにテレビあり
     いやはや、湯と夜空が良いじゃない。そして、山小屋チックな風情も、心をくすぐる。客室にテレビがない点も嬉しくなる。現在の建物は、1974年(昭和49年)に建て替えたが、その後もおそらくロビー周りなど、いろいろリフォームしている感じを受けた。全体的に少々古臭いのだけれども、掃除もちゃんとしていて快適だ。

     宿は、第二次世界大戦の勃発前に開業したという。北海道温泉地案内(1937年・昭和12年11月10日発行)によると、ニセコ温泉の紹介欄の中で「本温泉附近に近く札幌鐡道局のスキーヒユツテが建設されるはずである」(原文ママ)の一文を発見した。長く国鉄&JR北海道の施設として営業していたが、2002年(平成14年)に閉館。その後、ホテルようていが買い取り、2004年(平成16年)から再オープンしている。



    量・質・センスよし

    まいたけ刺身煮漬け鍋焼魚グラタン食事レアチーズケーキ
     美味い。夕食に供された固形燃料で作る釜めしが良い感じ。後出しのニジマス焼とグラタンもアツアツ。2食8,900円の食事内容としては、朝食を含めハイレベルだ。センスのあるプロの料理人が作っていると、うならざるを得ない。



    夏季限定の湯宿

    山の家看板
     静かな山奥に佇むヒュッテ(山小屋)な風情、青白いにごり湯、そして腕前を感じる食事を味わえて、1万円でおつりが来る。もっと評されても良い湯宿と感じた。札幌から近い距離感を考えれば、これはリピートしたくなっちゃう。

     ただし、営業期間は6~10月の5ヶ月間。雪深い冬期間は休業する。「スキーヒユツテ」として70年以上前に誕生した山小屋なのだから、雪深い冬こそ、いい風情と思うのだが、経営側の事情があるのだろうから仕方ない。期間限定の湯宿というのも、味わいがあろう。

     帰りは支配人に車で倶知安駅まで送迎してもらう。冬季通行止めの道道58号(倶知安ニセコ線)を走って20分ほどのクルージング。送迎は、宿泊予約時に相談が必要だ。



     倶知安駅11時00分発の普通列車に乗り、小樽駅12時19分着。小樽の街中を放浪するのも楽しいが、そのまま小樽駅12時34分発の快速エアポート130号に飛び乗り、札幌駅13時06分着。乗車料金は1,790円。

     札幌からニセコって、結構近いなと感じつつ、「初秋のニセコ ぶらり1人旅」を終えた。

    おっ!露天風呂から天の川ですか!
    いいですね~
    今回のニセコは山の家にお泊りだったのですね
    ボクは昨年、五色温泉旅館に泊まりました
    温泉はよかったのですが
    夕食がちょっとねという感じでした
    それにスッタフの対応も・・・
    こちらの食事はなかなか美味しそうですね~
    露天風呂もよさそうだし
    次回はこっちにしようかなと思います
    昨年は雪秩父・薬師温泉・黄金温泉なんかにも行きましたが
    みんないい温泉ですね~
    ほんとニセコが大好きになりました♪
    一番面白かったのは五色温泉旅館の裏手にある
    源泉地帯の湯溜りに浸かったことでした
    あっ!もちろん集湯槽とは関係ない場所ですよ
    残念だったのは小湯沼で泥んこ遊びができなかったことです
    ボクも少しマニアックになってきたのかもしれませんね(笑)
    誰かさんの影響かも(謎)

    2011.10.10 08:40 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さん、こんばんは~ 星空きれいでした!
    五色温泉旅館は、風呂場が複数あって「とにかくお風呂を楽しみたい」と思えば、いいですよね。
    おっしゃるようなことを総合すれば、宿泊するならば、個人的には山の家をオススメします(笑顔)
    湯だまり! 入浴=すっぽんぽんですから、マナーを守りつつ勇気が必要ですよね~
    私は遠巻きに眺めるだけでした(笑)

    ニセコはいい感じの湯宿が散見されるのですが、
    車でめぐらないと、なかなかあちこち楽しめないですね。
    機会をつくって、今度は車で巡ってみたいです(笑顔)

    2011.10.10 19:49 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは(^_^)/

    この露天風呂で天の川という何とも極上な入浴したくて~~~
    まねっこフフフ♪で日帰りですが、昨晩入浴へ行ったっすよ。
    連休のお客さんが大体帰って、数組しかいない静かな宿
    さらに雨上がりで天気は最高だったですが・・・空には大きな月がぽっかり。
    星見じゃなくって掴めそうな月見風呂一時間近く貸切状態で浸かってきました。
    今もまだなんだかσ(^^)硫黄クサイ感じします(笑)

    よくよく考えたら五色温泉よりこっちの宿の方が標高高いんですモンね。
    降ってきそうな星空眺めに、冬季休館までにもう一度行きたいなぁ

    2011.10.11 23:05 URL | KOBAN2 #vkcXtX9g [ 編集 ]

    はじめまして。

    私は「国鉄山の家」時代に泊まったことがありますが、
    あまりに昔過ぎて食事がどうのとかは思い出せん。

    ですが露天風呂からの夜景の素晴らしさと、
    その露天風呂が客室から見えたことだけははっきり覚えています。

    ブログを見て懐かしく思いました。
    来年でも行ってみようかな。

    2011.10.12 20:32 URL | オクイ #1qKeo97E [ 編集 ]

    KOBAN2さん、どうもどうもです!
    おおっ、山の家、行かれましたか。
    さすが、フットワーク軽いですね~(笑顔)
    月見風呂も「おつ」過ぎますね。星空が見れなかったのは残念でしたが・・・
    硫黄に抱きしめられながら、プカプカ湯三昧されたかと思うと、
    こちらまで、ニッコリします(笑顔)

    こちら、今月末で閉館ですよね~ あと、2週間くらいでしょうか。
    KOBAN2さんの機敏さがあれば、隙をみてもう1回・・・行けそうですね(笑顔)
    いい湯宿というものは、気軽にアクセスするのが、ムツカシイ、なんて
    改めて思った次第です(笑)

    2011.10.12 21:18 URL | いっち #- [ 編集 ]

    オクイさん、こちらこそ、初めまして。
    コメントありがとうございます。

    国鉄時代ですか~ 少なくとも20年以上前ですよね。
    その時と今とでは、経営者も交代し、いろいろ変革していると思いますが、
    それでも、夜景&男性露天風呂まるみえが変わらない・・・
    変わらないって、怠慢だと指摘もあるでしょうが、
    やっぱり良いですよね、変わらぬ良さに安心感もありますし(笑顔)
    機会ございましたら、ぜひ!

    何かございましたら、また御訪問いただければ嬉しいです。
    今後ともよろしくお願いします!

    2011.10.12 21:19 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2000-e2cfc8a6

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。