札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    風呂

    温泉分析書 平成11年3月9日
    ・源泉名 シララ温泉
    ・湧出地 積丹町大字西河町14番2
    ・泉温44.2度 毎分204リットル(動力揚湯) pH6.3
    ・知覚的試験
     →湧出地 無色澄明 無味 微弱硫化水素臭
     →試験室 淡黄色 澄明褐色の沈殿物有り 無味無臭
    ・蒸発残留物 1.624g/kg
    ・溶存物質  2.497g/kg
    ・成分総計  3.150g/kg
    ・ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧・重曹泉)
    ・低張性中性高温泉

     宿によれば、湯に手を加えていない。
     宿泊客は夜中も入浴OK。あさ8時から清掃タイム。

     日帰り入浴700円(13~20時)。
     冬期間は宿泊を休業するので、日帰り入浴をやっているかどうか事前要確認を。

    女湯

    男湯より窓が多いので明るい
    洗い場あり
     浴室、湯船ともにこじんまり。

    女性脱衣所




    男湯

    男湯、女湯ともに窓を開けることができる
    男湯、女湯ともに左右対称な造り
     女湯と左右対称な造り。リンスインシャンプー、ボディーソープあり。

    男性脱衣所




    脱衣所前


    いっち様

    わたくしの訪問は6年前の夏だったわけですが、お湯の色が透明になったようですね。
    以前は薄茶モール系だったと思います。

    来年には再訪したいものです。。

    2011.11.06 10:45 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2011.11.07 16:52  | # [ 編集 ]

    駅前旅館さん
    私がむかし泊まった時の写真を見ましたが、
    やっぱりお湯は、やや茶色く色づいていました。
    泡付の良さは、以前と変わらず。
    「シュワシュワ」でした(笑顔)

    2011.11.08 08:13 URL | いっち #- [ 編集 ]

    鍵付コメントさん
    御感想お寄せいただき、ありがとうございます。
    小さい浴室に対し、
    日帰り料金はちょいとお高いかもしれませんね。
    それが抑止力になって、
    あまり混まなかったのかも・・・とオモッテマス(笑顔)

    日本人は、交渉ごとが苦手なのかも知れません。
    国後、択捉、歯舞、色丹・・・私は言えました(笑顔)

    2011.11.08 08:13 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2008-a3829358

    | ホーム |