札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     シャコタンブルーとウニで有名な積丹半島において、泊まって温泉を味わえるところ(温泉宿)は限られる。泊村・盃温泉のいくつかの旅館を除けば、あとは温泉旅館北都くらい。営業期間は4~10月いっぱいと聞き、1泊2食9,800円で転がり込んだ。


    面白い風情

    ある意味、いいセンスな外観
    温泉シャワー室は、釣り人や海水浴客向けか蛇口をひねっても温泉水は出なかった
    虎犬
     国道229号沿いに佇む1軒宿で、外観に輝く温泉マークが目立ち、食事処にはトラの剥製っぽいフェイクが鎮座し、ごみ箱に混じってイヌの置物がある。一昔前の微妙なセンスは、便利な言葉を借りれば「B級」チックさを醸し出す。こういう風情、面白い。

     客室から日本海を望めるものの、電線がじゃまだったりするし、10月ゆえにカメムシが大量発生しちゃって、ガムテープで10匹&殺虫剤で26匹の命を奪ってしまった。

    夕食
    朝食
     海辺の旅館とあって、夕食朝食も魚介類を中心に構成されているが、良くも悪くも大雑把で飾らない料理だった。既製品も混じっており、シーズンオフだから仕方ないのかな。

     一方、ここのお湯は「アワアワ」が肌にまとわりつく気泡湯として誉れ高い。



    「シュワシュワ」 弾ける湯

    へり
     浴室の引き戸を開けると、ほんのり「タマゴ」の匂いが歓迎してくれた。洗い場で身体を清めた後、湯船に身を沈める。いい感じに適温。ああ、ゴクラクだなあ。眼を閉じると身体中の力が抜け、フニャフニャになっていく自分を感じた。

    男性風呂  しばし湯浴みを楽しんだ後、改めて湯を見つめる。無色透明ながら、鼻を近づけると「鉄」のような匂いが漂い、口に含むと「鉄サビ」と「炭酸」の味わいがする。擬音で味を表現すれば「ジュワッ」な感じ。

     そして、身体中の産毛に気泡がまとわりつく。あんなところ、こんなところ、炭酸の細かい「アワアワ」がびっしりこびりつく中、思い切って手で払ってしまう。「シュワシュワ」。弾けた泡が湯面で踊り、見ているとなんだか楽しい。

     適温だから、ついつい長湯してしまう。さっき払ったばかりの「アワアワ」は、1分足らずで再びびっしり。いやはや、面白い湯じゃないですか。
     温泉分析書を拝見すると、溶存ガス成分の遊離二酸化炭素が652.5mgある。敷地内で汲み上げているナトリウム-炭酸水素塩泉(成分総計3.150g/kg)は、浴槽内の湯にダイレクトに注がれているだけに、温泉分析書のデータに近い、いい状態の湯を味わえるのだろう。



    海宿の楽しみ

     夏の観光シーズンが過ぎ、フツーの泊まり客は2組のみ。そのほか釣り人と思われる数人の常連客が泊まっているらしく、食堂でスタッフと親しげに話していた。

    船
    宿前は海水浴場
     宿は釣り舟を所有しており、希望者は無料で乗せてくれるそうだ(事前要相談)。

     宿の目の前に日本海と砂浜が広がる。こうした海宿を思いっ切り楽しむコツって、やっぱり夏場にやって来て、海で水遊びしたり、夕食後に砂浜で花火したり、翌朝早くから釣り船で沖に出たり・・・こんな感じかしら。

     季節外れのシーズンオフの場合、泊まり客が少ないゆえに、アワアワの気泡湯を貸し切り状態でじっくり味わえる点が嬉しい。でも食事が・・・などとチラリ脳裏を掠めたが、かろうじて福沢諭吉1枚でおつりが出るから、ノーサイドにしよう。「お湯が良ければすべて良し」くらいの大きな心を持ちたい。

    いっちさん、こんにちは。

    身体に付く泡は、炭酸泉だからですね。これは最近はやりの炭酸美容に使えるではないですか!
    結構特徴のあるお湯なのに、昔行ったことを、どうして思い出せないんでしょう?

    でも9800円…けっこう強気な値段と感じました。施設と料理と温泉の規模から7、8000円台を想像していました。海水浴シーズンはにぎわってそうですね。

    ところで、私らの温泉一泊ツアーは、冬期間ということもあり、定山渓にしようかと思っています。そして、章月グランドホテルか定山渓グランドホテル翠山亭で決めかねています。翠山亭にするなら6階以上のいい部屋にしたいし、だとお値段がけっこう張るし、ということで章月が最有力候補です。

    今日は三笠の太古の湯に行って参りま~す。昔、値段の高いときに行って以来です。

    2011.11.20 07:13 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさん、こんばんはです!

    北都のお湯は、美容という視点で考えていなかったので、勉強になります(笑顔) やっぱり少しお値段が高めなような気がシテマス。8年前に泊まった時は「民宿」で8,000円でしたが、その後、増改築により「旅館」へ昇格し、少々値段アップしちゃってますね。
    あちこち湯めぐりしていると、記憶があいまいになってきますよね。私も似たような経験、しょっちゅうですよ~

    定山渓ですか! 15,000円前後でどちらに泊まれば良いかと考えれば、どっちも悪くないとオトナの対応をしつつ、個人的には章月に軍配が上がります。章月は2回しか泊まっていないものの、藤井料理長による食事と札幌グランドホテル仕込みの接客の良さを感じてます。

    三笠での湯めぐり、楽しまれたでしょうか。フットワークが軽くて羨ましいです(笑顔)
    定山渓のお泊まり旅、ぜひ楽しまれることを応援してます!

    2011.11.20 20:00 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんにちは~
    こちらのお湯はアワアワでとてもよさそうですね
    シーズンオフで9800円ですか
    う~ん この金額でこのお料理だとちょっとお高いかなぁ~
    北海道の10月はカメムシが大量発生するんですか!
    実はボクはカメムシってよく知らないです
    どこかで見てるのかもしれませんが(笑)
    湯宿に泊まってそんなのが部屋にたくさんいると
    ちょっとアレですね
    来年の10月に道東湯巡りの旅を計画してるんですが
    大丈夫かなぁ~?

    北海道は先日かなり雪が降ったらしいですね
    こちらはなんだか暖かいですよ
    昨日は24度もありましたから
    北海道だと夏の陽気かもしれません(笑)
    平地でも紅葉が始まっていますが
    今年の色付きはいまいちのようです

    2011.11.21 15:16 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    こんばんは。
    三笠、行ってきました。
    前回と違って人が多くて、岩盤浴と洗い場の争奪戦でした。安くなったから仕方ありませんが、前のゆったりした湯あみを知っているだけにちょっと残念。でも、大浴場の太い太い柱たちにはやっぱりみとれてしまいました。横に「寝処」という新しい館を建てていました。今でも泊まることはできるようですがそのうち温泉宿としてオープンするかも?その時はいっちさん、よろしくお願いしますm(__)m

    >個人的には章月に軍配が上がります。

    こう書いていただけると安心して章月に決めることができます!
    翠山亭は、もう少し先延ばしにしてぜひ温泉付きの部屋に泊まりたいものです。

    2011.11.21 21:43 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    >和友さん

    今年はカメムシの大発生の年のようです。
    毎年大発生はしていないので来年はきっと大丈夫かと…。

    2011.11.21 21:45 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんにちは!
    北都は当初、釣り船専門で営業しており
    時化で船が出せない時などお客さんから
    「泊まるとこあったらいいんでないかい」
    と、いうことで民宿。
    「せっかくだから温泉に入りたいべさ」の
    要望で掘ってみたら「温泉出たんだわ」(笑)

    以前勤めていた会社に北都のオーナーが
    たま~に来る事があり、伝え聞いた話です。
    ずいぶん前のことですが、横山剣や
    くわまんを彷彿させる積丹の昭和ハンサム
    だったと記憶しています。
    なのでトラやイヌの置物もアリかな(笑)

    2011.11.22 19:02 URL | sasaki aki #- [ 編集 ]

    和友さんへ
    おはようございます!
    アワアワを泊まりで味わう対価は、ちょっぴりお高かったです(笑)
    かめむしについては、
    りきりきさんがおっしゃるように、
    今年は特に多いと、宿のスタッフも言ってました。
    触ると「臭い」ですよ(笑)
    でも、あまり気になさらず。これも旅の味わいということで!

    そちらは紅葉ですか~ 札幌は真っ白です(笑顔)
    仕事で高速道路を利用したのですが、
    砂川や滝川辺りが吹雪で通行止めでした~
    長い冬が始まりますが、あったかい温泉を味わうのに
    絶好の季節になってきました(ニッコリ)

    2011.11.23 10:27 URL | いっち #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ
    三笠・太古の湯レポート&和友さんへのアドバイス、
    ありがとうございます!
    てっきり日帰り専門施設と思ってましたが、
    実はこっそり素泊まりできるのですね。
    建設中の「寝処」は、そのネーミングから
    客室を設けるというよりも
    リクライニングシートで仮眠がとれたり、
    雑魚寝できるスペースを想像しますが、
    今もあるようですので、どんな感じになるか注目ですね(笑顔)
    ナイスな情報、感謝感激です!

    章月、ゆっくりまったりと楽しまれることを
    お祈りしてます~

    2011.11.23 10:28 URL | いっち #- [ 編集 ]

    sasaki akiさんへ
    どうもどうもです~
    北都の歴史は、そういう流れだったのですね!!
    釣り船店→釣り宿→温泉つき釣り宿・・・
    「釣り宿だけれども、ついでに温泉も味わえる」
    こんなふうに受け止めれば、
    心に引っかかっていた、温泉宿としてのクオリティーのアレレ感も
    納得いきますね(笑)

    釣り好きな仲間が集う拠点を作り上げ、温泉まで掘り当ててしまうのですから、
    オーナーは、豪快なイメージがしますね(笑顔)
    私もそういう甲斐性を持ちたいものですが、
    逆立ちしても無理なので憧れちゃいますね(笑)

    貴重な情報、ありがとうございます。勉強になります!

    2011.11.23 10:30 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2011-dddc3517

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。