札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    男女脱衣所前

    温泉分析書 平成17年3月29日
    ・申請者 株式会社鈴木旅館
    ・利用施設名 カルルス温泉 鈴木旅館
    ・44.4度(浴場内浴槽) 加水有り
    ・無色 澄明 無味 無臭
    ・pH7.0
    ・蒸発残留物0.605g/kg
    ・溶存物質0.668g/kg
    ・成分総計0.676g/kg
    ・単純温泉(低張性中性高温泉)

     湯元オロフレ荘が管理している湯を引いている。
     掲示していた源泉の使用状況を見ると、基本的に加水のみ。
     福の湯(うたせ湯)のみ、気泡湯で使用した湯を循環して利用している。

     日帰り入浴13~20時00分で終了。500円。

     宿泊客は夜通し入浴可能。9時から清掃。

    女性風呂

    床と湯船の縁が木製
    浴槽3つ
     1980年(昭和55年)に建設された浴室は「有生(ありお)温泉」と名付けられている。有生は「生命の存在と持続」を意味する言葉らしい。

    男1
    女性脱衣所
     男性風呂と左右対称な造り。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2016-6919561a

    | ホーム |