札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    安すぎる宿泊料

     こんなご時世だから「安い」という売り文句に魅かれる。でも、1泊2食で最低料金5,400円を謳う鈴木旅館って、ちょっと安すぎじゃないかしら。「安かろう、悪かろう」と邪推しつつ、静かな山宿で湯三昧できればそれで良し、と腹をくくって投宿した。

    玄関
     宿に着いて玄関を開けると、玄関に整然と並ぶスリッパが目に飛び込んできた。なんか清々しいな、いいもてなしだな。館内は適度にリフォームされ、共同トイレを含めピカピカに掃除が行き届いている。
     青畳に変えている客室でお茶をすすりながら思う。「北海道らしからぬ懐かしい木造旅館の風情を残しつつ、とっても清潔で快適だな」。安すぎる宿泊料ながら、早くも好印象だ。


    ちゃんとした旅館料理

    夕食
     懸念材料だった食事は、良い意味で期待を裏切られた。夕食は湯治食のような定食をイメージしていたが、ちゃんとした旅館料理。品数は少なめで膝を打つような味ではないものの、器がきれいで見た目にも美しい。安すぎる宿泊料ながら頑張っており、温泉1泊旅行という「ハレの日」にかろうじて水を差さない内容だろう。朝食も決して悪くない。


    霊験あらたかな泉

    女性風呂
     夜通し入浴できる風呂は、床が木製、湯船の縁がレンガチックな風情。厳か(おごそか)で神聖な雰囲気を感じる。透き通る単純泉は「霊験あらたかな泉」のように思え、穏やかな気持ちになってくる。


    ありそうでない温泉卓球

    団体の大学生に占拠され、遊ぶタイミングを失ってしまった
    歴史を感じる看板 卓球と言えば、温泉旅館に付き物のイメージがあるものの、実際はありそうでない。だから卓球台を目の当たりにすると嬉しくなる。

     古き良き温泉旅館のぬくもりに包まれ、1泊2食5,400円は驚きの納得プライス。「安かろう、悪かろう」だなんてトンデモナイ誤りだ。疑ってゴメンナサイ。

     ただし、たまたま泊まった日は、静かな山宿ではなかった。そこそこのキャパシティー(31室)で宴会場も完備している上、やっぱり安いということで、思いのほか賑やか。
     北海道大学の男女テニスサークル御一行(20人強)が宴会場を飛び出し、廊下や風呂で青春を謳歌しまくっていたほか、シニア男性グループ、茶髪の若いカップル、そしてシニア女性の湯治客(おひとり様)まで、さまざまな客層が集う。
     館内は広く宴会場と通された客室は思いっ切り離れていたので、嬌声は聞こえずスヤスヤ眠ったが、宴会場に近い客室のシニア男性グループはちゃんと快眠できたかな。

     血気盛んな団体客に遭遇さえしなければ、静かな山宿で湯三昧を満喫できるだろう。
    中庭
    和名・ミシシッピアカミミガメ。2007年10月1日午前、若女将が旅館裏手でキノコ採りの最中に発見・保護
     鈴木亀吉くんに癒される。

    いっちさんこんばんは!
    ネットで週末1人泊を検索するとほぼ毎回ヒットするのでどんな所なんだと思っていましたが……料理も施設もしっかりしててお得な宿だったんですね(笑)その値段なら連泊してのんびり湯治も良いかも♪

    古き良き風情が見えて自分の宿泊リストに入れたくなりました(笑)団体さんと一緒だと大変だったのでは?お疲れ様でした。
    じゃらんでもよく見かけるので若い人も結構行くのではと思ってました。

    さて私はカルルスの別宿に昨日宿泊を企んでいたのですが……タッチの差で満室(泣)登別の大型ホテルで硫黄泉を楽しみました。でも雪でチェックインが夜になってしまいやや不完全燃焼……これからの季節はいっちさんに倣ってバス&JRを活用しようかと。

    2011.12.04 16:34 URL | しゅん #- [ 編集 ]

    こんにちは~
    こちらのお宿随分お安いですね~
    190円のラーメンに続いてまたまたビックリです(笑)
    部屋も綺麗そうだし
    料理もちゃんとしてるし
    温泉もよさそうだし
    行ってみる価値ありますね♪
    いっちさんのお宿選びホント参考になります

    札幌はけっこう雪が降ってるようですね
    こちらも寒くなってきました
    今朝は富士山がはっきり見えましたよ
    今度の週末は箱根で忘年会です
    http://www.nanpuso.co.jp/

    2011.12.05 16:56 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    しゅんさんへ
    週末、登別でしたか!
    お目当てのカルルスの宿は、
    ひょっとしたら7,500円で夕朝部屋食のところ? 気になりますね~
    「あそこに泊まって良かった悪かった」な情報交換、とっても好きなので(笑顔)
    また、どこか泊まられた際は、お声掛けくださいませ。

    鈴木旅館・・・おっしゃるように、じゃらんで広告&ネット予約しているので、
    昔馴染みの湯治客もいれば、若者までさまざまでした。
    団体がはしゃぐのは仕方無いですよね。出来れば、野口観光とかカラカミ観光の宿でハッスルしてほしいのですが(笑)、
    鈴木旅館は安いからチョイスするのでしょうね。

    公共交通の旅も、冬はダイヤが乱れるケースもありますが、楽しいですよ~

    2011.12.05 21:05 URL | いっち #- [ 編集 ]

    和友さんへ
    安かったですよ、ホントです~(笑顔)
    札幌在住で「近場で1泊」を検討していたり、
    東京在住で「北海道を1週間かけてぐるり巡る」という方が、
    登別界隈で宿泊先を探している、
    というのであれば、いい感じの湯宿と感じてます(笑顔)

    なにより清潔でしたね。掃除が行き届いているんです。
    これって重要ですよね。

    きょうの札幌は荒れ気味で、すっかり真っ白な景色になりました。
    箱根で忘年会(お泊まりですよね?)ですか! もう忘年会という季節になりましたね。
    ホテル南風荘、個人客と団体客双方が安心して泊まれるキャパシティーと思いました。
    楽しい忘年会、味わってきてくださいませ(笑顔)

    2011.12.05 21:06 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっち様

    こちら昨年日帰りで利用させていただいた際、非常に好ましい印象を得たお宿でした。
    こういう良心的なお宿がお近くにあるのは心強いですね(^^)。
    カルルスにも宿泊せねばの感を新たにした次第です(^^)。

    2011.12.06 00:03 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さんへ
    さすが、こちらの御宿も入湯済みでしたか!
    廊下、客室、風呂、そして共同トイレ・・・館内至る所の掃除が行き届いているので、
    それだけでも宿泊の価値ありと思いました。
    駅前旅館さんも好印象ということで、
    その思いに自信が持てました(笑顔)

    2011.12.06 20:35 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは!
    若い頃より温泉判の「まっぷる」にて
    鈴木旅館は存じておりました。
    「圧巻スリッパ」のイメージが強く、
    また、勝手な妄想で青森の酸ヶ湯に
    近いイメージを持っておりました。
    規模や泉質は別として、木製の床が
    そうイメージさせたのかもしれません。

    今回のいっちさんのブログを拝見して
    さらにさらに「良い湯宿」と確信しました。

    食事も良さそうですね。
    決して豪華ではないが、作り手のもてなしを
    感じる素朴な食事って、なんだかうれしいですよね。
    「昭和大型温泉ホテル」好き、バイキングも
    OK!OK!ウエルカムな私が言うと
    説得力が無いですね(笑)

    それにしても鈴木亀吉氏は浴室にて
    ウロウロしているのでしょうか。
    もしかして湯守さん!?

    2011.12.08 02:51 URL | sasaki aki #- [ 編集 ]

    sasaki akiさんへ
    こんばんはです~
    鈴木旅館、「圧巻スリッパ」という表現、言い得て妙、ですね(笑顔)
    北海道らしからぬ木造の風情なので、酸ケ湯というイメージも、頷くところです。

    食事はおっしゃるように素朴な感じでした。
    5,400円という値段の割に良い、とオモッテマス。

    おぼこ荘を満喫され、満足されてらっしゃるsasaki akiさんですから、
    鈴木旅館もきっと楽しまれることと思います(笑顔)

    鈴木亀吉氏・・・そうそう、浴室をパトロールして湯温管理に精を出し・・・
    というわけではなく(笑)
    廊下に置いてある水槽で、のんびりゆったり生活してました~
    亀は万年、というだけあって達観した顔つきですので、
    企業で言えば、代表取締役を引退し、「会長」「顧問」といった肩書かも。
    宿全体を温かく見守っている存在なのかも知れません。

    2011.12.08 20:14 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2019-80ef18aa

    | ホーム |